経営戦略(中期経営計画)

中期経営計画「SHIFT 2019 -Fusion-」(2017~2019年度)

中期経営計画「SHIFT 2019 -Fusion-」

  • 2020年代の業容倍増目標に向けた第一歩。成長の質をSHIFT(シフト)させる
  • 「新次元の成長」に向け、量的成長(未来への成長投資)と質的転換(たゆまぬ構造改革)を図る
    • 戦略投資2,000億円(内M&A投資1,300億円)、環境貢献投資120億円
    • 継続的な収益性改善と有望分野への資源配分で営業利益率10%以上を目指す
  • 技術・機会・リソースの「融合」により、成長を加速
  • E/S/G視点での事業と一体となったCSR経営を推進

※2017年4月12日発表

基本戦略 「SHIFT」

SHIFTには、業績規模および企業姿勢において、成長の質を変えるという意味を込め、それぞれの文字が次のように取り組んでいく基本戦略を表します。

  • SSustainable

    E/S/G視点で持続可能な経営基盤構築

  • HHuman resources

    事業を支える多様な人材の活躍

経営基盤の強化

  • IInnovation

    際立つ技術と品質で新製品・新事業創出

  • FFrontier

    新分野・新エリア・新用途を開拓

  • TTransformation

    収益力を強化し強靭な事業構造を構築

3つの取組み → 「融合-Fusion」による加速

「新次元の成長」の大前提となる経営基盤の強化に取り組むとともに、「イノベーション」「フロンティア開拓」「収益力強化」の3つの取り組みを加速させます。技術や事業機会、人材、その他のリソースを3カンパニーの枠を超え社内外で融合(Fusion)させることで、新たな価値を生み出し、成長の加速を図っていきます。

中期戦略の全体像

中期戦略 SHIFT 2019 -Fusion- 全体像

融合(Fusion)による成長の加速

前中期において、新規の開発などを中心とした育成・創造テーマについて取り組んできた“協創”の取り組みを一段進化させ、既存事業も対象に技術、事業機会、経営資源を「融合」し、社内外の連携を強化することで成長の加速を図ります。全社の売上高増分目標である約1,300億円の内、この「融合」による取り組みで500億円を創出します。
例えば、環境・ライフラインカンパニーが手がける成形用プラスチックシートの技術と、高機能プラスチックスカンパニーのフォームの技術を融合し、高性能な内装材の航空機メーカーへの採用を目指します。

投資の考え方

(単位:億円)

  前中期計画 前中期(見通し) 新中期計画
戦略投資 1,000 1,081 2,000
内M&A 1,300
内戦略設備投資 700
通常投資 800 804 1,000
内戦略環境投資 120
投資合計 1,800 1,884 3,000
研究開発費 960 1,200

事業目標

(単位:億円)

  2016年度
(見通し)
2019年度
売上高 10,670 12,000
住宅 4,860 5,500
環境・ライフライン 2,420 2,515
高機能プラスチックス 3,560 3,900
その他 ▲170 85

(単位:億円)

  2016年度
(見通し)
2019年度
営業利益 960 1,200
住宅 380 500
環境・ライフライン 120 180
高機能プラスチックス 540 650
その他 ▲80 ▲130

CSR経営のさらなる強化について

積水化学グループの持続的成長を図っていくうえで、成長の基盤となるCSR経営の強化を図ります。
社会的要請の変化などを踏まえ、E(環境)/S(社会)/G(ガバナンス)視点でCSRを見つめ直し、事業と一体となった取り組みを推進するため、当社グループのCSR概念図を改訂しました。
コーポレートガバナンスを基盤に、3つの「社会への約束」を通じて事業プロセスにおける社会への責任を果たすとともに、「3つの”際立ち”」で事業を通じた社会課題解決に貢献することを目指します。また、企業価値向上に向けてステークホルダーとの関わりを強化し、建設的な対話を推進していきます。

新CSR概念図

中期経営計画 関連リンク