HOME > 企業情報 > 会社概要  > 歴史・沿革

歴史・沿革

積水化学グループには皆さまと一緒に歩んできた歴史があります。
1947年の創業から現在に至るまでのその足跡を振り返ります。

2010年代 ~100年経っても存在感を持ち続ける企業へ~

2010年1月 IT分野製品の主力生産拠点として多賀第2工場開設
2010年4月 電気化学工業とポリビニルアルコール樹脂の製造合弁会社 DSポバール設立
2010年5月 管路更生事業の新工法「自動化SPR工法」を開発
2010年9月 中国におけるメディカル事業関連子会社2社を統合、積水医療科技(中国)有限公司設立
2011年1月 米国の医薬品会社Genzyme Corporationから検査薬事業買収、SEKISUI DIAGNOSTICSおよび関連会社設立
2011年4月 セキスイハイムの次世代住宅新商品「スマートハイム」発売、太陽光発電システム搭載住宅が販売累計10万棟を突破
2011年4月 機能フィルム製造会社 株式会社鈴寅(現在の積水ナノコートテクノロジー株式会社)買収
2011年7月 住宅事業の生産・販売一体化体制を構築
2011年7月 インドで車輌部品成形事業の合弁会社SEKISUI DLJM MOLDING設立
2011年12月 オーストリアの管路更生事業会社RABMER HOLDINGの経営権取得(SEKISUI SPR CONSTRUCTION GmbHに変更、2016年会社譲渡)
2012年8月 創立65周年記念「世界こどもエコサミット」を開催、こどもたちの提案を受け「SEKISUI環境ウィーク」「最もエコな人」制度を設立
2012年12月 三菱樹脂株式会社から管材事業譲受け
2013年2月 中国で水インフラ関連事業の合弁会社 積水可耐特(河北)環境科技有限公司設立
2013年3月 タイのユニット住宅量産工場竣工(生産能力:年間1,000棟)
2013年3月 「SPR工法」の開発が大河内記念賞を受賞
2013年4月 インドネシアで車輌部品成型事業の合弁会社 PT.ADYAWINSA SEKISUI TECHNO MOLDING設立
2014年4月 中期経営計画「SHINKA!-Advance 2016」スタート
2014年5月 タイで塩素化塩化ビニル樹脂(CPVC)生産合弁会社設立
2014年12月 ベトナムで水インフラ分野の販売会社SEKISUI VIETNAM PIPE SOLUTIONS CO.,LTD設立
2014年12月 株式会社ヘルシーサービス全株式取得、高齢者向け事業の本格展開(2015年~新ブランド「ハイムガーデン」展開)
2015年2月 「合わせガラス用遮音中間膜」の開発が大河内記念賞を受賞
2015年4月 アセットマネジメントの国際規格「ISO55001」認証取得
2015年6月 タイの塩素化塩化ビニル(CPVC)樹脂・コンパウンド工場が本格稼働
2015年6月 リチウムイオン電池の開発・製造・販売会社 エナックス株式会社の一部株式取得
2015年8月 ソーラー住宅とプラグインハイブリット自動車の連系を業界で初めて実現
2015年12月 臨床検査薬の製造・販売会社 エーディア株式会社の全株式取得
2016年3月 住友化学、積水化学工業、産業革新機構による ポリオレフィンフィルム事業の経営統合、住化積水フィルムホールディングス株式会社設立
2016年3月

積水テクノ商事東日本株式会社、積水テクノ商事西日本株式会社、積水ポリマテック株式会社を統合、積水マテリアルソリューションズ株式会社設立

2016年8月 リオデジャネイロ五輪に女子陸上競技部(セキスイフェアリーズ)の尾西美咲選手が出場
2016年11月 大久保尚武相談役がデミング賞本賞を受賞
2017年1月 フィルム型リチウムイオン電池事業を開始、第一弾製品を「スマートパワーステーション100%Edition」に搭載
2017年3月 創立70周年
2017年4月 中期経営計画「SHIFT 2019 -Fusion-」(2017~2019年度)
「SHINKA」から「SHIFT」へ

2008年の世界的な金融危機(世界同時不況)、いわゆるリーマンショックを乗り切るために、構造改革や固定費削減などによる収益体質の強化と、今後の成長に向けての戦略基盤の強化に取り組んだ中期経営計画「GS21―SHINKA!」を経て、2014年度からの中期経営計画「SHINKA!-Advance2016」では、事業の一層の進化・深化・新化を図り、“協創”(Co-Creation)により社内外連携を深めて新市場・新分野の開拓に取り組みました。

そして、2017年度からは、今後想定される不透明・不確実な事業環境の中でも事業機会を捉えるとともに、「融合」による社内外の連携強化により、「新次元の成長」に向けてSHIFTするべく、新しい中期経営計画「SHIFT 2019 -Fusion-」がスタートしました。「新次元の成長」の大前提となる経営基盤の強化と、「イノベーション」「フロンティア開拓」「収益力強化」の3つの取り組みを強化して、技術や事業機会、人材、その他のリソースを3カンパニーの枠を超えて社内外で融合(Fusion)させることで、新たな価値を生み出し、成長の加速を図っていきます。

創立70周年

2017年3月3日、積水化学工業は創立70周年を迎えました。当時の夢の新素材であったプラスチックの総合的事業化を目指して、これまで、テープやポリバケツなどの生活に身近な日用品、パイプや雨といなど官民のインフラを支える資材、エレクトロニクスや輸送用機器向けの高機能材料、そして戸建住宅などの製品を世に送り出し、世界のひとびとのくらしと地球環境の向上に貢献してきました。

今後も、社会の皆様に信頼され、100年経っても存在感のある企業グループであり続けるために、グループのさらなる成長と発展に取り組んでいきます。

ページトップへ