HOME > 企業情報 > 女子陸上競技部 > 競技会の結果 > 全日本実業団対抗陸上競技選手権大会

競技会の結果

2010年9月

全日本実業団対抗陸上競技選手権大会

開催:2010年9月24日(金)~26日(日)  会場/開催地:新潟・東北電力ビックスワンスタジアム

 9月24日(金)~26日(日)に新潟県新潟市の東北電力ビックスワンスタジアムで開催された、58回全日本実業団陸上選手権大会に当社陸上部から、ジュニア3000mに小島選手、森田選手、5000mに清水選手、山元選手、小俣選手、10000mに才上選手が出場しました。

初日の10000m、2組タイムレースの1組に才上選手が出場しました。
前半から先頭集団の好位置につけ、自己記録を大幅に更新するレース展開となりました。7000m手前で先頭集団から離れて一人で走る苦しい展開になりましたが、最後まで諦めずに走り、自己記録を14秒更新する、33分03秒92の6着でゴールしました。


 

3000m先頭争い 田中選手(ゼッケン1番)

3000m先頭争い 田中選手(ゼッケン1番)

 

3000m田中選手(ゼッケン1番)

10000m才上選手②(ゼッケン76番)

 


2日目のジュニア3000m決勝には午前中の予選を勝ち上がった小島選手、森田選手が出場しました。
最初から外国人が引っ張るハイペースでの展開となりましたが、森田選手が積極的に先頭集団に着いていき、予選で出した9分25秒26の自己記録をさらに更新する、9分15秒87の6位(日本人4位)に入りました。
小島選手も予選時のタイムより4秒縮め、9分33秒03の20位でのゴールとなりました。


 

3000m先頭争い 田中選手(ゼッケン1番)

ジュニア3000m決勝 右から3人目、森田選手・5人目、小島選手

 

3000m田中選手(ゼッケン1番)

ジュニア3000m決勝 小島選手(77)、森田選手(78)

 

3000m田中選手(ゼッケン1番)

ジュニア3000m決勝 森田選手(ゼッケン78)

 

5000m決勝には午前中の予選を勝ち上がった清水選手、山元選手、小俣選手の3名が出場しました。
1000mまではスローな展開でしたが、そこから外国人の2名(豊田自動織機のアン選手、日立のオバレ選手)がペースアップをし、徐々に集団が絞られ、外国人2名と清水選手を含む日本人3名(ワコールの稲富選手、天満屋の浦田選手)の争いになりました。
4000m手前から徐々に外国人2名から離され、惜しくも優勝と日本人トップを逃しましたが、日本人トップの稲富選手から0.02秒差の僅差で4位(日本人2位)の15分29秒58の自己新記録でのゴールでした。
山元選手も最後まで諦めずに16分09秒36の19位、小俣選手は1200m付近で転倒に巻き込まれるアクシデントに見舞われてしまい、本来の走りができずに16分36秒23の23位でのゴールとなりました。


 

3000m先頭争い 田中選手(ゼッケン1番)

5000m決勝 清水選手(75)、小俣選手(74)

 

3000m田中選手(ゼッケン1番)

5000m決勝 清水選手(腰ゼッケン10)

 

3000m田中選手(ゼッケン1番)

5000m決勝 清水選手(ゼッケン75)

 

詳細結果は以下の通りです。ご声援ありがとうございました。

       

<レース結果>

<10000mタイムレース1組>

1位

高島 由香(デンソー)

32分22秒93

2位

浦田佳小里(天満屋)

32分24秒46

3位

中條 宏美(ワコール)

32分43秒02

 

 :

 :

6位

才上 裕紀奈

33分03秒92(自己新記録)

 

<5000m予選1組>

6位

清水 裕子

16分00秒43(決勝進出)

14位

小俣 后令

16分10秒93(決勝進出)

 

<5000m予選2組>

7位

山元 美駒

16分07秒39(決勝進出)

 

<5000m決勝>

1位

アン・カリンジ(豊田自動織機)

15分25秒40

2位

オバレ・ドリカ(日立)

15分27秒89

3位

稲富 友香(ワコール)

15分29秒56

4位

清水 裕子

15分29秒58(自己新記録)

 

 :

 :

19位

山元 美駒

16分09秒36

23位

小俣 后令

16分36秒23

 

<ジュニア3000m予選1組>

3位

森田 菜津紀

9分25秒22(決勝進出・自己新記録)

 

<ジュニア3000m予選2組>

3位

小島 理央

9分37秒22(決勝進出)

 

<ジュニア3000m決勝>

1位

キマンズイ・グレース(スターツ)

9分07秒99

2位

ベテレヘム・モジェス(デンソー)

9分08秒31

3位

小原 怜(天満屋)

9分11秒11

 

 :

 :

6位

森田 菜津紀

9分15秒87(自己新記録)

20位

小島 理央

9分33秒03

 

 ◇才上選手コメント

才上選手

今回の大会は、去年の全日本実業団は故障でスタートラインに立つことが出来なかった悔しい思いや、今年やってきた事など、色んな思いで当日を向かえ、レースに臨みました。
自分の目標には少し及びませんでしたが、スタートラインに立てたこと、また自己ベストを出すことが出来てうれしかったです。
ここに来るまで本当に色んな方にお世話になりました。ありがとうございました。また次の大会、駅伝に向けて頑張りたいと思います。ご声援ありがとうございました。

 

 ◇清水選手コメント

清水選手

 久しぶりの試合でしたが、夏合宿の成果がどれだけ出せるかなと思って、とても楽しみな試合でした。
まだまだ自分の足りないものが分かったレースでしたが、久しぶりに自己ベストを更新できて嬉しかったです。
今回のレースの経験を次の10000mにいかしていきたいと思います。応援ありがとうございました。

 

 ◇山元選手コメント

山元選手

全日本を走れるチャンスをいただいたので、絶対に決勝も走りたいと思い臨みました。予選のレース中は、夏合宿の苦しい練習を思いだし、それを励みに走りました。2本目の決勝は満足のいく走りができなかったけれど、夏合宿の成果を示すことが出来たかなと思います。
全員が決勝に進出したこと、数人が自己新を出したという、いい流れに乗り、1ヶ月後の駅伝予選会に向けて皆で取り組んでいきたいです。

 

 ◇小俣選手コメント

小俣選手

 

今回、私の目標は予選を通って自己ベストを更新することでした。
予選は通りましたが、決勝で転倒してしまい悪い結果となり、悔いの残る試合となってしまいましたが、次の試合、そして駅伝に向けて頑張ります!!ありがとうございました。

 

 

 ◇小島選手コメント

小島選手

今回Jr.の3000Mに出場させて頂きました。昨年予選落ちで今年がJr.最後ということで、一年間目標としてきた大会でした。この夏あまり思うような練習がこなせず、不安や焦りもありましたが、なんとか調子を合わせることができ、自分の中で良いきっかけを掴むことができました。 また、今回は予選のある種目の中で私が一番最後のレースとなったのですが、それまでにみんなが予選を通過していたので、私も力を貰うことができ、全員が予選を通過することができたのだと思います。 これからの駅伝に向けて、今回のような相乗効果で、みんなで刺激し合いながら向かっていきたいです。

 

 ◇森田選手コメント

森田選手

今回Jr.3000mに出場させて頂いて、ずっと目標にしていた9分30秒を大幅に更新する事が出来ました。
予選を落ち着いて走れて、決勝に向けて凄く良いイメージが作れました。 余り疲れも感じず決勝を迎え、予選と同じくスタッフの方々に笑顔をもらいワクワクしながらスタートラインへ立てました。
今回の試合では、後半の粘りや自分の持ち味のスパートがどちらも出来て、また2本とも自己新記録で走れた事は、すごく嬉しくて楽しくて、気持ち良かったです。いろんな方の応援やサポートのお陰です。ありがとうございました。

   

ページトップへ