HOME > 企業情報 > 女子陸上競技部 > 競技会の結果 > ホクレンディスタンスチャレンジ深川大会

競技会の結果

2011年6月

ホクレンディスタンスチャレンジ深川大会

開催:2011年6月25日(土)  会場/開催地:北海道・深川市陸上競技場

 6月25日(土)に北海道深川市陸上競技場で開催されたホクレンディスタンスチャレンジ深川大会に、当社陸上部から、3000mに森田選手、松﨑選手、10000mに才上選手、小俣選手が出場しました。
 3000mでは、松﨑選手が自己記録を更新する9分18秒82で2位、続く森田選手が9分19秒32という僅差で3位となりました。
 また10000mでは、小俣選手が5月に出した自己記録を50秒ほど縮める32分37秒89というタイムで6位に、才上選手も粘りの走りを見せてくれました。
 詳細結果は以下の通りです。ご声援ありがとうございました。
 

 <レース結果>

 

<3000m>

1位

森 彩夏(豊田自動織機)

9分17秒68

2位

松﨑 璃子

9分18秒82(自己新記録)

3位

森田 菜津紀

9分19秒32

 

<10000m>

1位

KAPTICHI CHEPYEGO(九電工)

31分27秒98

2位

西川 生夏(シスメックス)

32分12秒64

3位

九嶋 映莉子(京都産業大学) 

32分16秒84

6位

小俣 后令

32分37秒89(自己新記録) 

22位

才上 裕紀奈

 33分41秒98

 

 

3000m 自己記録を更新した松﨑選手(ゼッケン41)、うしろは森田選手(ゼッケン36) 

3000m 自己記録を更新した松﨑選手(ゼッケン41)、森田選手(ゼッケン36)

 

10000m 自己記録を更新した小俣選手(前から2番目) 

10000m 才上選手(ゼッケン193) 

10000m 自己記録を更新した小俣選手
(前から2番目)

10000m 才上選手(ゼッケン193)

 

 

 ◇小俣選手のコメント

小俣選手


今回北海道の深川で行われました試合で10000mに出場してきました。
5月の東日本実業団陸上で出した自己ベストをさらに大幅に更新することができました。試合当日は、涼しくて走りやすかったことと、ペースメーカーをしてくださった春田コーチのおかげでしっかりと走れました。今シーズン最後のトラックレースでしたので本当に嬉しかったです。
これからも頑張りますのでよろしくお願いします。応援ありがとうございました。 

 

 ◇森田選手のコメント

森田選手


ホクレン深川大会の3000mに出場させていただきました。1500mと同じように後方からでしたが、落ち着いて走り出すことができました。最後、先頭の集団から少し離れてしまい、ラストスパートが届かず、悔しい気持ちはありますが、チーム全体が良い流れできていてすごく嬉しいです。
この勢いのまま夏合宿へ入って行き、チーム全員で切磋琢磨して頑張ります。応援ありがとうございました。
 

 

 ◇松﨑選手のコメント

松﨑選手


網走大会に続いて、深川大会に出場させていただきました。
深川大会は積水化学に入ってから初の3000mを走り、自己ベストを出すことができました。
前半戦最後のレースでベストを出せたのはとても嬉しいです。今後もこの結果に甘んじることなく、夏合宿に向かい、課題を克服したいと思います。応援ありがとうございました。
 

   

 

ページトップへ