HOME > 企業情報 > 女子陸上競技部 > 競技会の結果 > 第32回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会

競技会の結果

2012年12月

第32回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会

開催:2012年12月16日(日)  会場/開催地:宮城・松島町中央公民館前~仙台市陸上競技場

 12月16日(日 )、仙台で開催された「第32回全日本実業団対抗女子駅伝 クィーンズ駅伝 in 宮城」に、女子陸上競技部セキスイフェアリーズが出場し、総合成績は10位という結果でした。
レースは、ユニバーサルエンターテインメントが、1区から首位に立つと、独走態勢を築き、そのまま逃げ切って初優勝しました。当社チームは、1区松﨑選手が8位と好位置で滑り出し、2区尾西選手が4位と順位を上げ、続く各チームのエースが競った3区では、清水選手がワコールの福士選手と、デッドヒートを演じ、区間3位の成績でチーム順位も3位に引き上げ、レースを盛り上げました。その後、順位を下げ、6区アンカーの馬場選手も力走を見せましたが、最後は2時間20分30秒のタイムで、10位でのゴールとなりました。
レース当日は寒風吹く中、沿道や競技場に駆けつけて応援いただきました皆様、またテレビで応援いただきました皆様、ありがとうございました。

 

<レース結果>

【総合成績】 出場29チーム

順位

チーム名

記録

1位

ユニバーサルエンターテインメント

2時間17分35秒

2位

デンソー

2時間18分27秒

3位

第一生命

2時間18分29秒

4位

ワコール

2時間18分32秒

5位

豊田自動織機

2時間18分41秒

6位

天満屋

2時間19分15秒

7位

大塚製薬

2時間20分05秒

8位

しまむら

2時間20分10秒

9位

パナソニック

2時間20分27秒

10位

積水化学

2時間20分30秒

 

【チーム区間成績】

区間・距離

選手名

記録

区間順位

通過順位

1区・7.0k

松﨑 璃子

22分36秒

8位

8位

2区・3.9k

尾西 美咲

12分13秒

4位

4位

3区・10.9k

清水 裕子

35分36秒

3位

3位

4区・3.6k

山元 美駒

13分22秒

28位

6位

5区・10.0k

小俣 后令

34分56秒

18位

10位

6区・6.795k

馬場 佐由里

21分47秒

7位

10位

 

 

 

 1区 松﨑選手

1区 松﨑選手

 

2区 尾西選手(右側)

2区 尾西選手(右側)

 

3区 清水選手(左側)

3区 清水選手(左側)

 

4区 山元選手

4区 山元選手

 

5区 小俣選手

5区 小俣選手

 

6区 馬場選手

6区アンカー 馬場選手

6区アンカー馬場選手 10位でゴール

 


 

松﨑選手

松﨑選手のコメント

今回、初めて1区を走らせていただきました。
7.0kmという走ったことにない距離に挑戦したことで、自信と課題がそれぞれ見付かりました。
個人としては力不足に悔しさはありますが、今の力では悔いのない走りができました。今年最後のレースで、このようなレース出来たこと、本当に嬉しいです。
朝早くから仙台に応援に来てくださった皆様。また、TVの前で応援してくださった皆様。本当にありがとうございました。
また一年。より良い結果をこの大会で出せるように精進していきたいと思います。

 

尾西選手

尾西選手のコメント

今回は、2区を走らせていただきました。
久しぶりのスピード区間で、また1区の松﨑の勢いもあり、初めから思い切って走ることができました。
最後失速してしまいましたが、たくさんの応援に背中を押され、最後まで諦めず襷を渡すことができました。
チームとしては、入賞を逃し、悔しい思いがありますが、次への課題が見つかり、次に繋がる試合になったと思います。
また、来年に向けてチーム一丸となって頑張ります!
本当にたくさんの応援ありがとうございました。

 

清水選手

清水選手のコメント

今回は、3区10.9kmを走らせてもらいました。
1区、2区の選手がいい位置で襷を繋いできてくれたので流れに乗って、前半から思いきって走ることができました。
また、後半は強い向かい風だったのですが、たくさんの沿道の応援のおかげで、ワコールの福士選手になんとか食らい付いていくことができました。
寒い中、たくさんの応援本当にありがとうございました!
今回感じたことをしっかりと活かして、来年に繋げていきたいと思います。

 

山元選手

山元選手のコメント

チームの仲間達が必死で絞り出した一秒一歩を、絶対に無駄にしないし、その勢いを引き継ぐ心意気で走り出しましたが、私の区間で足を引っ張ってしまい、本当に申し訳なく思っています。
来年の駅伝で、その大きな借りを返すことを目標に、私はこれからの1年を過ごしたいと思います。
たくさんの方々が見守り、応援してくださったこと、本当に感謝しています。

 

小俣選手

小俣選手のコメント

今回の全日本駅伝では昨年と同じ5区を走らせていただききました。
前半区間から良い位置で来てくれたのに、私の区間で順位を下げてしまい、本当にチームに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。今年はチームに貢献する走りが一つもできていませんが、その中でも走らさせていただいているということに感謝して、来年はしっかり挽回できるように頑張ります!
沿道でのたくさんの応援を本当にありがとうございました。

 

馬場選手

馬場選手のコメント

沿道をはじめ、日頃からたくさんのご声援をいただき、ありがとうございました。
前が見える位置でもらったタスキでしたが、結局、順位を上げてゴールすることができませんでした。
目標には及ばず、凄く悔しかったですが、この思いを忘れず!来年こそは上位で勝負できるよう、チーム全体で強くなっていきたいと思います!
応援がとても嬉しく、何度も何度も励まされました。本当にありがとうございました。

 

ページトップへ