HOME > 企業情報 > 女子陸上競技部 > 競技会の結果 > 第97回日本陸上競技選手権大会

競技会の結果

2013年6月

第97回日本陸上競技選手権大会

開催:2013年6月7日(金)~9日(日)  会場/開催地:東京・味の素スタジアム

 6月7日(金)~9日(日)の3日間、東京都調布市・味の素スタジアムで行われた、第97回日本陸上競技選手権の女子5000mで尾西選手が自己新記録・世界選手権 B標準記録を突破し見事優勝の栄誉に輝きました。

 この結果、尾西選手は世界選手権(モスクワ)の女子長距離・日本代表に選ばれました。 また同5000mでは松﨑選手が自己新記録で2位、10000mでは清水選手が2位、井原 選手が4位と当社から出場の4選手全員が、積極的に挑戦するレースで上位に入る活躍でした。

 尾西選手の日本選手権優勝は、当社選手として1998年マラソン(名古屋女子マラソン) の高橋尚子選手、1999年1500mの上野理恵選手に次いで14年ぶり3人目、 また世界選手権代表は、1997年大会マラソンの鈴木博美選手(金メダル)・ 5000mの高橋尚子選手、1999年大会マラソンの高橋選手以来の快挙です。

大会当日、現地でのご声援、テレビを通じて応援いただきました皆さま、ありがとうございました。

 

<レース結果>

【女子10000m結果(7日)】 出場13名

順位

氏名・所属

記録

1位

新谷 仁美(ユニバーサルエンターテインメント)

31分06秒67(大会新記録)

2位

清水 裕子

32分16秒58

3位

萩原 歩美(ユニクロ)

32分17秒17

4位

井原 未帆

32分20秒87

 

【女子5000m結果(9日)】 出場18名

順位

氏名・所属

記録

1位

尾西 美咲

15分21秒73 (自己新記録)

2位

松﨑 璃子

15分26秒05 (自己新記録)

3位

竹地 志帆(ヤマダ電機)

15分29秒85

 

※自己新記録は当社選手のみ表示
 

【大会関連WEBサイト】
大会公式WEBサイト http://www.jaaf.or.jp/jch/97/index.php/ link
TBS世界陸上WEBサイト http://www.tbs.co.jp/seriku/live/ link
 

 

1位入賞 尾西選手 

ゼッケン83番 尾西選手、ゼッケン85番 松?ア選手

5000m
優勝 尾西選手

5000m
ゼッケン83番 尾西選手、ゼッケン85番 松﨑選手

 

ゼッケン83番 尾西選手、ゼッケン85番 松?ア選手 

ゼッケン84番 清水選手、ゼッケン82番 井原選手

5000m
ゼッケン83番 尾西選手、ゼッケン85番 松﨑選手

10000m
ゼッケン84番 清水選手、ゼッケン82番 井原選手

 

ゼッケン84番 清水選手、ゼッケン82番 井原選手

10000m
ゼッケン84番 清水選手、ゼッケン82番 井原選手

 

ゼッケン84番 清水選手

10000m
ゼッケン84番 清水選手



清水選手

清水選手のコメント

日本選手権では10000mに出場させていただきました。
目標していたタイムは出すことができなくて、世界選手権には届かなかったんですが、初めて日本選手権の表彰台に立つことができてとても嬉しかったです。
またしっかり練習して、応援して下さる方々にいい結果が報告できるように頑張りたいと思いました。
たくさんのご声援、本当にありがとうございました!!


井原選手

井原選手のコメント

日本選手権で10000mに出場しました。
迷うことなく積極的にレースをすることができ、途中苦しくなっても粘ることができました。
4人で表彰台を!と思っていたので、私だけ入れなくて悔しい思いもありますが、駅伝に繋がる走りができたと思います。
今後も更に上を目指して頑張りたいと思います。たくさんの応援、ありがとうございました。


尾西選手

尾西選手のコメント

今回、日本選手権の5000mに出場しました。
飛び抜けた選手もいなくて、蒸し暑い気候なのもあり、タイムより勝負だと思って挑みました。
結果、優勝・自己ベスト・世界陸上までついてきて、予想外なことが起こりすぎて、まだ実感があまりないのが正直なところです。
ただ、本当にたくさんの人に支えてもらって応援してもらって、それに対して少しは恩返しすることができたのかなと思います。
これからまた気を引き締めて頑張ります!!
沢山の応援、本当にありがとうございました。


松﨑選手

松﨑選手のコメント

今回、5000mに出場し、2位になることができました。
去年と同様に春先に海外レースを終え、今大会に臨みました。去年は春先よりも調子をあげることができず、先頭に着いていくことすらできませんでしたが、今回は前で勝負することができました。
最後は先頭に置いていかれてしまい、まだまだ力不足を実感させられましたが、このような大きな舞台で自分から前に出れたことは、大きな自信へ繋がりました。
今回のレースをステップにさらなるレベルアップを出来るように練習していきたいと思います。
沢山のご声援、ありがとうございました。


ページトップへ