HOME > 企業情報 > 女子陸上競技部 > 競技会の結果 > 第33回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会

競技会の結果

2013年12月

第33回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会

開催:2013年12月15日(日)  会場/開催地:宮城・松島町中央公民館前~仙台市陸上競技場 

 12月15日(日)、仙台で開催された「第33回全日本実業団対抗女子駅伝 クィーンズ駅伝 in 宮城」に、女子陸上競技部セキスイフェアリーズが出場し、第5位に入賞しました。
 レースは、4区以降先頭を譲らなかったデンソーが大会新記録で初優勝。3区では当社の清水選手が見事区間賞を獲得、4区への中継時点ではトップに立つ素晴らしい活躍を見せました。
 当日、小雪の舞う寒い中、沿道や競技場に駆けつけて応援いただきました皆様、またテレビで応援いただきました皆様、ありがとうございました。

 

【セキスイフェアリーズ レース経過】

1区 : 昨年に続き、2年連続1区を任された松﨑選手がトップと36秒差の11位で滑り出す

2区 : 続く2区尾西選手が8人抜きの快走を演じ、チーム順位を3位まで引き上げた

3区 : エース区間の3区では、清水選手が区間賞を獲得する素晴らしい走りで、ついに単独トップに立つ

4区 : 4区は外国人選手が多く出走するインターナショナル区間。先頭で襷を受けた4区山本選手は、デンソーに先頭を奪われたものの、新人ながら堂々とした走りで、区間成績日本人選手4位という好成績をおさめる

5区 : 同じくルーキーの井原選手が区間3位でチーム順位2位をキープし、アンカー小俣選手へ襷を繋ぐ

6区 : 小俣選手は強豪3チーム(昨年優勝のユ二バーサルエンターテインメント、2010年優勝の天満屋、今年度西日本大会優勝のダイハツ)にかわされたものの、チーム過去2番目の順位となる第5位(過去最高3位)でのフィニッシュとなる

 

<レース結果>

【総合成績】 出場27チーム

順位

チーム名

記録

1位

デンソー

2時間16分37秒(大会新記録)

2位

ユニバーサルエンターテインメント

2時間18分41秒

3位

天満屋

2時間18分49秒

4位

ダイハツ

2時間19分15秒

5位

積水化学

2時間19分34秒

6位

九電工

2時間20分19秒

7位

大塚製薬

2時間20分32秒

8位

ヤマダ電機

2時間20分45秒

9位

第一生命

2時間21分31秒

10位

スターツ

2時間21分38秒

 

【チーム区間成績】

区間・距離

選手名

記録

区間順位

通過順位

1区・7.0k

松﨑 璃子

22分46秒

11位

11位

2区・3.9k

尾西 美咲

12分22秒

2位

3位

3区・10.9k

清水 裕子

35分51秒

1位

1位

4区・3.6k

山本 知世

12分12秒

11位

2位

5区・10.0k

井原 未帆

33分48秒

3位

2位

6区・6.795k

小俣 后令

22分35秒

22位

5位

 

 

 

 1区 松﨑選手

1区 松﨑選手(ゼッケン10)

 

2区 尾西選手

2区 尾西選手(右)

 

3区 清水選手

3区 清水選手(左)

 

4区 山本選手

4区 山本選手

 

5区 井原選手

5区 井原選手

 

6区 小俣選手

6区アンカー小俣選手 5位でゴール

 


 

松﨑選手

松﨑選手のコメント

終始、粉雪舞う中、沿道からたくさんの温かい応援や、応援メッセージ、ありがとうございました。
今回の結果で、自分の弱さや実力をはっきりと知ることができ、新たな課題を見つけられました。
なかなかロードで期待された結果を出せないことが悔しいですが、仙台の舞台で花が咲くようにこれから1年間、しっかり精進したいと思います。応援、ありがとうございました。 

 

尾西選手

尾西選手のコメント

一年間の集大成ということで、みんなでこの駅伝に臨みました。
結果は5位でしたが、一度はトップを走ったり、前の方で勝負する事ができて、とてもわくわくできた試合になりました。
また、勝つ事の難しさも痛感した試合でもあったので、しっかり来年につなげていきたいと思います。
寒い中、たくさんの応援、本当にありがとうございました。 

 

清水選手

清水選手のコメント

今年、私たちは駅伝の目標を「優勝への挑戦~自分の為に走りだし、皆の為にゴールへと~」に決めて、チーム全員でこの駅伝に向かってきました。
優勝はできなくて悔しさはありますが、チーム全員で戦えて、このチームで襷をつなげて本当によかったです。
こんな駅伝レースができたのも、支えてくださっている多くの方々のおかげだと思うので、感謝の気持ちを忘れず、もっといい走り、いい結果をだして喜んでもらえるようにこれからも頑張りたいです。
当日は寒い中、たくさんの応援ありがとうございました! 

 

山本選手

山本選手のコメント

私は今年入社して1年目で、全日本実業団女子駅伝には初めてなので、何も怖がらず、とにかく思いっきり全力で走ろうと思っていました。
3区の清水先輩からトップで襷を渡してもらい、途中順位は落としてしまいましたが先頭で走れたことはとても嬉しかったです。また、沿道からたくさんの応援が聞こえ走っていてすごく力になりました。
今回は5位入賞という結果でしたが、来年もっと上を目指して、また1年、頑張っていきたいと思います。ほんとうに応援ありがとうございました。 

 

井原選手

井原選手のコメント

まずは日頃から応援してくださっている皆さん、そして当日寒い中沿道で、またはテレビで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。
今回、優勝への挑戦ということで、挑戦者らしい向かっていく走りを!という想いで5区を走らせていただきました。先頭からは離されて、私のところで優勝からは遠ざかってしまい、悔しさの残る駅伝となりましたが、来年こそは!と思える駅伝になったと思います。来年は更にパワーアップしてまた仙台に戻ってきます!
たくさんの応援ありがとうございました。 

 

小俣選手

小俣選手のコメント

全日本実業団女子駅伝では、寒い中たくさんのご声援を本当にありがとうございました!
今回6区を走らせてもらい、過去最高順位で襷を受け取りましたが、順位を落としてしまい本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
でも選手として走れたこと、ドキドキしながら襷を待ったり、皆のお陰で入賞かできたことは本当に嬉しかったです!!
来年はもっと全員で喜び合えるように頑張りますので、これからもたくさんのご声援を宜しくお願いします。 

 

ページトップへ