調達の基本方針

積水化学グループは、資材調達にあたり、以下の5つの基本的な考え方(オープン、公平・公正、法令遵守、相互信頼、環境配慮)をもとに推進します。お取引先とのパートナーシップを深め、公正な取引により共存共栄を図ります。また、調達活動において、お取引先のご協力のもとで、CSR活動の推進に取り組みます。

1. 調達の基本的な考え方

オープン 国内だけでなく、広く海外の企業に対しても門戸を開いています。
公平・公正 お取引先の選定は、品質・価格・納期・サービスなどを基準に、環境への配慮なども考慮し、公平・公正な評価基準に基づき行っています。
法令遵守 購買取引を行うにあたっては、関連する国内外の法律及び行政指導などを遵守します。
相互信頼 お取引先との契約上の義務を誠実に履行するとともに、お取引先と相互に利益のある関係を樹立し、これを維持します。
環境配慮 環境負荷の少ない原料・資材の優先購入(グリーン調達)をより一層推進し、お取引先の皆様とともに循環型社会の構築に努めます。

2. 調達に関するお取引先へのお願い

積水化学グループは、事業活動を通じて社会に貢献することを基本にしながら、企業活動のあらゆる場面でCSRを意識し、誠実な姿勢で社会に信頼される企業を目指します。そのためには、お取引先のご協力をいただき、相互に連携した取り組みを行っていくことが不可欠です。すべてのお取引先の皆様に積極的に下記の活動を実践していただきますようお願いします

(1)優良な品質の確保

お客様に提供する商品の品質維持・向上を図るため、品質保証システムの構築とその運用をお願いします。

  • ISO9000に準拠した品質保証体制の整備
(2)環境への配慮

開発、生産から廃棄にいたる製品の全ての段階において環境に配慮した活動を進めています。そのためには、皆様から供給いただく原料・資材の環境への配慮は欠かせません。

  • ISO14001に準拠した環境マネジメントシステムの整備
  • 有害化学物質の削減等環境負荷の小さい部材・原料の調達

木材調達について

(3)法令・社会規範の遵守

お取引先の皆様が事業活動を行っている各国・地域の関連する法令・社会規範の遵守をお願いします。

  • 事業活動における関連法令を遵守すること
  • 強制労働なきこと
  • 児童労働なきこと
  • 従業員の差別待遇なきこと

紛争鉱物について

(4)安全衛生

品質を作りこむのは、人と設備です。その安全管理は、生産の基本です。
以下のことを実践ください。

  • 職場の安全衛生管理、従業員の健康管理
  • 機械装置の安全対策、施設の安全衛生管理
  • 労働災害や設備災害、事故などへの適切な対応

木材調達について

積水化学グループでは、森林破壊の根絶と木材資源の持続可能な利用に貢献するために、製品に使用する木材は、合法的に伐採された木材を使用していきます。そのため、お取引先の協力のもと、木材原料の伐採地域、樹種、数量など商流調査し、トレーサビリティを確保いたします。また再生材につきましても 市場で使用済の木材・木質材料、または未利用の間伐材や末木枝条などを使用していきます。
調査の中で、合法性に懸念のある木材が判明した場合には、責任ある調達を推進するために、お取引先と協働して適切な措置を行なっていきます。
(背景) 近年、違法な森林の伐採および違法に伐採された木材の流通は、地球温暖化の防止、自然環境の保全、林産物の供給等の森林の有する多面にわたる機能に影響を及ぼすおそれがあり、また、木材市場における公正な取引を害するおそれがあります。
こうした状況を受け、日本でも2016年に「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律(クリーンウッド法)」が制定され、合法伐採木材の利用に関する事項が定められました。
このような背景のもと、積水化学グループでは、使用する木材と再生材について、調査を実施することにより、トレーサビリテイ、合法性の確認を進めてまいります。


紛争鉱物について

積水化学グループでは、アメリカのドッド・フランク法に連動して、コンゴ民主共和国およびその周辺国の現地武装勢力による非人道的行為に関わる紛争鉱物(金(Au)、タンタル(Ta)、タングステン(W)、錫(Sn))の排除に努めます。商流調査の中で、懸念のある鉱物であることが判明した場合は、責任ある調達を推進するために、お取引先と協働して適切な措置を行っていきます。
(背景) 2010年7月、ドッド・フランク法(米国金融規制改革法案)が成立し、2012年8月22日に実施規則が採択されました。この法案はコンゴ民主共和国とその周辺国で現地武装勢力が地域住民に対し暴行、児童労働などの非人道的な犯罪行為を働き、重大な人権侵害、および環境破壊を引き起こしていると伝えられ、大きな国際問題となっていることを背景に成立しています。
とくに現地で生産される鉱物には、金(Au)、タンタル(Ta)、タングステン(W)、および錫(Sn)という電気・電子産業や自動車産業にとって不可欠な希少金属が含まれており、これらの鉱物、いわゆる紛争鉱物の取引が現地武装勢力の直接的、間接的な資金源となることが懸念されています。
積水化学工業(株)は、米国証券取引委員会(SEC)登録企業ではないため、紛争鉱物の使用についての開示義務はございませんが、サプライチェーン全体にわたって紛争鉱物使用の状況の調査を実施いたします。



改定履歴

下記ファイルの内容を改定しました。
(2006年10月) 購買規則をもとに、『積水化学グループ調達方針』を制定
(2014年6月) 紛争鉱物についてを付加
(2018年4月) 木材調達についてを付加

グリーン調達

近年、環境保全活動は企業の重要な経営課題としてクローズアップされており、その中で企業の果たす役割が大きくなっています。
弊社グループも、事業活動に伴う環境負荷を減らし、少しでも環境保全・快適環境創造の役割を果たすことが企業の社会的責任と考え、ISO14001に従った環境マネジメントシステムの構築・製品環境影響評価・ゼロエミッションなど様々な自主活動を行ってまいりました。
2001年10月より、弊社グループでは環境管理活動の一環としまして原材料等の調達の際に従来のQCDに加えてE(環境)についても評価し、環境負荷の低い商品を環境負荷の低い取引先から調達する、いわゆる「グリーン調達」を実施することにより、「調達のグリーン化」を推進しています。
このたび、グリーン調達基準書の定期見直し及び「特定化学物質障害予防規則」の法改正に伴い、下記の文書類を改定いたしました。
環境保全に関する各種動向に適確に対応するためには、弊社グループに原料、部材などを納入して頂いているお取引先様のご支援・ご協力がなければ達成できないと考えています。何とぞ、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い致します。

2017年10月改訂

改定履歴

下記ファイルの内容を改定しました。

  • グリーン調達基準書(第4版ver5 2017年10月)
  • 別表1 使用禁止化学物質リスト・削減対象物質リスト
  • グリーン調達基準兼評価票の記入要領

グリーン調達基準書

グリーン調達基準兼評価票

新技術・新素材のご提案受付

積水化学では、皆さまからの「新技術・新素材」に関するご提案および情報のご提供をお持ちしています。なおご提案にあたりましては、上記「調達の基本方針」についてご確認のうえ、ご検討くださいますようにお願いいたします。

ご提案からお取引までの流れ

  • ご提案皆様からいただいたご提案は、生産力革新センター 購買グループで受付いたします。
  • 当社での検討ご提案内容を、当グループにて吟味検討させていただきます。
  • 結果のご報告取引のための検討を開始するか、お断りするかのご返事を差し上げます。
  • 採用のための検討採用部署での本格検討を実施いたします。検討の結果は、採否に関わらずご連絡いたします。
  • お取引検討の結果、採用になりますと、所定の手続きを経てお取引を開始いたします。

「調達の基本方針」に同意の上、「ご提案受付入力フォーム」へお進みください。