HOME > CSR経営 > 社会貢献活動 > 地域コミュニティ  > タイでの安全運転講習会

地域コミュニティ

地域社会とともに生きる企業として積極的なコミュニケーションを図っています

積水化学グループの取り組みタイでの安全運転講習会

Sekisui Specialty Chemicals (Thailand)社(以下SSCT)は、2015年8月にタイのRayong地域に新工場を設立し、操業開始当初から社会貢献活動に力を入れています。


2015年12月1日付の世界保健機構(WHO)の調べで、タイでの交通事故死亡率が世界2位、ASEANでは1位という結果を受け、SSCTでは、2016年度のCSR活動の目標の一つとして「地域の交通安全の向上」を掲げました。
タイでは、15才から運転免許を取得でき、早い段階から安全運転の知識を持ってもらう必要があります。そのため、地元の中学校で安全運転講習会を開催するとともにヘルメットを150個寄付しました。講習会では、講師をまねいて運転に関する法律、技術、ドライバーの心構えなどを講義していただきました。今後も継続して地域コミュニティへ貢献していきます。

講習会の様子

講習会の様子

 寄付されたヘルメットを手にする子どもたち

寄付されたヘルメットを手にする子どもたち

ページトップへ