HOME > CSR経営 > 積水化学グループのCSR  > CSR経営の考え方

CSR経営の考え方

CSR中期計画の方針に則った活動を展開しています

基本姿勢CSRは経営の柱

積水化学グループにとって、事業を通じて社会に貢献することがCSRであり、それは、社是3Sの実践にほかなりません。またCSR経営の推進は、企業経営の質を高めることであると考えています。

こうした認識のもと、事業の持続的成長と革新のためには、経営環境の状況にかかわらずCSR経営に真摯に取り組み、変革や進化を続けなければならないと考えています。


重点テーマ3つの“際立ち”、社会への約束、ガバナンス、ステークホルダーエンゲージメント

当社グループは経営戦略の中心にCSR(「事業を通じた社会課題解決」と「事業プロセスにおける社会への責任」)を位置づけています。ステークホルダーとの建設的な対話を通じた深い相互理解に努め、ステークホルダーの期待を把握し、経営に活かすこと、高いレベルのガバナンスを土台として、「環境」「CS品質」「人材」の3つで際立ち、事業プロセスにおいては「安全」「コンプライアンス・人権尊重」「働く環境」に責任をもって取り組むことを社会に約束しています。これらの活動を通じてグループビジョンを実現し、環境や社会の持続可能性を高めることに貢献してまいります。



3つの“際立ち”と社会への約束


ページトップへ