HOME > CSR経営 > 環境での際立ち > 推進体制  > 環境会計

環境会計

環境経営の推進と企業の説明責任を果たすため、環境保全活動に関わる費用と効果を把握しています。

集計方針公的なガイドラインを参考に独自の考え方を付加

 

集計に当たっては環境省「環境会計ガイドライン2005年版」を参考に、外部経済効果(推定的効果)などの積水化学グループ独自の考え方を付加しています。

 

【環境会計の集計】

  • (1) 集計期間:2016年4月1日から2017年3月31日


  • (2) 集計範囲:40生産事業所+5研究所+コーポレート各部署+カンパニー間接部署+15住宅販売会社

    2016年度の集計範囲で、削除された事業所は以下の通りです。

    削除:積水フィルム4生産事業所(連結対象外)、積水メディカル尼崎工場(事業譲渡)


  • (3) 集計の考え方

    ●減価償却費は財務会計上の金額です。

    ●投資金額は集計期間の承認ベースの金額です。

    ●環境保全活動以外の内容を含んでいる費用・投資は、環境保全に関する割合を10%単位で按分して算出しています。

 

 

環境保全コスト

 

 

詳細については、PDF資料編P8-9「新しいウィンドウを開きます積水化学グループの環境会計」を参照ください。

ページトップへ