HOME > CSR経営 > 環境での際立ち > 推進体制  > 環境長期ビジョン「SEKISUI環境サステナブルビジョン2030」

環境長期ビジョン
SEKISUI環境サステナブルビジョン2030

~"生物多様性が保全された地球"の実現に向けて~

 

積水化学グループは、事業活動が自然資本に依存していることを認識しています。経営層および社員一人ひとりが"環境活動推進力の高い人材"へと進化を図るとともに、2030年には"地球から授かったもの以上に地球に返していく"ために、

 

「環境貢献製品の市場拡大と創出」

「環境負荷の低減」

「自然環境の保全」

 

の3つの活動による貢献を軸に環境経営を推進していきます。そして、「自然資本へのリターンに貢献」していくことで、"生物多様性が保全された地球"の実現に向けて際立つ価値を創造しつづけます。

このような価値を創造しつづけることで、国連で提唱されている「持続可能な開発目標」強靭なインフラの構築などの課題に対し、解決に寄与していくことができると確信しています。

 

「SEKISUI環境サステナブルビジョン2030」

 

ページトップへ