自然環境の保全

生物多様性を含む自然環境全般の保全に取り組んでいます

マネジメント・アプローチ

基本的な考え方事業活動にともなう生物多様性への影響の低減を進めています

積水化学グループでは、2008年4月、「環境経営方針」に生物多様性に関する項目を盛り込み、2011年にガイドラインを策定。事業活動における環境配慮と世界各地での環境保全活動という両面から生物多様性を含む自然環境全般の保全に取り組んでいます。

生物多様性アセスメント環境影響評価の中で生物多様性へのインパクトも確認

積水化学グループでは、社長を委員長とするCSR委員会の下に設置された環境分科会において、年2回、事業活動に関する生物多様性およびその影響評価が審議されます。具体的な環境影響評価の手法としては、土地利用の生物多様性貢献度を評価するツールである「土地利用通信簿®※1」や排水が及ぼす生物への影響を評価する「WET※2」等を活用しています。

自社工場建設時等の大規模な土地開発やM&Aなどで新たな土地を取得した際には、自社の事業によって発生し得る大気・水域・土壌等への環境影響評価を実施しています。この環境影響評価の中で、生物多様性へのインパクトについても確認を行っています。

  • ※1
    土地利用通信簿®:一般社団法人企業と生物多様性イニシアティブが開発した生物多様性への取り組みレベルを評価するツール。
  • ※2
    WET(Whole Effluent Toxicity):魚類、ミジンコ、藻類の生物応答で排水中の全ての物質の影響を評価する手法
主な取り組み

SEKISUI環境ウィーク環境活動推進力の高い人材になるために実施

第5回を迎えた2017年度は、25,277人の従業員が参加しました。

活動内容は、地域の清掃活動や植林活動、オフィスでの省エネ活動など事務所ごとに工夫を凝らした活動を行いました。

事業緑地の質向上に向けて国内全生産事業所・研究所で緑地の質向上の取り組みを実施

事業所内で地域の動植物の生息環境を整え、地域と事業所を結ぶ生態系ネットワークを形成し、地域連携を活性化する目的で、事業所内の緑地の質を向上させる取り組みを推進しています。土地利用通信簿®※1を活用し、中期環境計画(2017-2019)期間中での評価点を2016年度比5ポイント向上させることを目標にしています。2017年度は地域性種苗を植栽したり、外来植物の駆除などを行った結果、平均得点が2.6ポイント上がりました(2016年度比)。

  • 動植物観察会

緑地の質向上活動事例地域に根差したビオトープ『ハイムフォレスト』の創出

九州セキスイハイム工業では、敷地内に造営していたビオトープ(名称:『ハイムフォレスト』)を2017年5月に完成させました。
所在地である鳥栖市に自生する「ヤブツバキ」や「ヤマボウシ」など地域性の高い種苗や樹木27種類を植栽し、周辺に生息する生き物が住めるよう生物多様性に配慮した緑地を創りました。また、2017年度のSEKISUI環境ウィークでは、活動の一環として樹木の名板貼りを実施しました。この『ハイムフォレスト』は、平日は従業員の憩いの場として、工場見学会開催時はお客様の休憩スペースとして利用しています。将来的には、鳥栖市および周辺住民の皆さまへ開放することも視野に、緑地の価値をさらに高めていきます。

  • ハイムフォレスト全景

  • SEKISUI環境ウィークでの名板貼り

  • 平日は従業員の憩いの場に

排水のWET評価過去の調査で影響が確認された事業所の原因調査

積水化学グループでは、生産事業所の排水管理の方法として法令等で定められた排水基準や、より厳しい自主管理値を設定し、その遵守に努めてきました。排水先の水生生物にとって安全な水環境を確保し、排水による悪影響を未然に防止することを目的に、2013年度よりWETによる排水の評価と排水放流先の河川における水生生物の生息状況の調査を実施してきました。

これまでの調査で、積水化学グループの生産事業所から公共用水域に排出される水の96%の確認が完了しています。 2017年度は、過去の調査で生物への影響が見られた事業所において原因調査を実施しました。

  • 河川の生物調査の様子

  • WET評価に用いる生物の例 魚類(ゼブラフィッシュ)

パフォーマンス・データ

土地利用通信簿®の結果

2017年度
土地利用通信簿® 2.6ポイントアップ
指標 算定方法
土地利用通信簿®のポイント 土地利用通信簿®とは企業保有地の生物多様性貢献度評価を目的にした、いきもの共生事業所®推進ツールで、事業所ごとに 緑地の面積や質、管理体制などについて100点満点で評価するシート。
事業所ごとに土地利用通信簿®を用いて当該年度評価を行い、2016年度時点でのポイント数からの増加分を計算。ポイント増加分の全事業所平均値を指標とする

SEKISUI環境ウイークへの参加率

2017年度
SEKISUI環境ウイークへの参加率 84.9%
指標 算定方法
SEKISUI環境ウイークへの参加者数割合 SEKISUI環境ウイークの参加者数の合計/対象事業所の従業員数の合計×100

保護地域および保護地域ではないが生物多様性価値の高い地域、もしくはそれらの隣接地域に所有、賃借、管理している事業サイト

■積水メディカル(株)岩手事業所

  • 所在地:
    岩手県八幡平市松尾4-115
  • 地表・地下の区分:
    地表
  • 保護地域との位置関係:
    十和田八幡平国立公園に隣接
  • 事業形態:
    製造・生産
  • 敷地面積:
    0.46km2
  • 生物多様性における価値:
    日本の自然公園法に基づく保護地域

報告期間中に保護・復元を行った生息地

■九州積水工業(株)

  • 所在地:
    佐賀県神埼市千代田町柳島225番地1
  • 規模・面積:
    6,600m2
  • 保護・復元の内容:
    生息地の環境を再現したビオトープを創出。周辺地域に生息するツチフキ(EN)等の貴重な魚類をビオトープ内で保護

事業の影響を受ける地域に生息するIUCNレッドリストならびに国内保全種リスト対象の生物種

  • i.  
    絶滅危惧IA類(CR):1
  • ii. 
    絶滅危惧IB類(EN):2
  • iii.
    絶滅危惧II類(VU):7
  • iv. 
    準絶滅危惧(NT):21
  • v.  
    軽度懸念:0