HOME > CSR経営 > ステークホルダーエンゲージメント > 展示会 > 「エコプロ2016」に出展しました

展示会

「エコプロ2016」に出展しました

エコプロ2016

12月8日(木)~12月10日(土)に、東京ビッグサイトで開催された「エコプロ2016」に出展しました

積水化学グループは社会課題解決に求められるレジリエンス(強靭さ)を3つの「力(守る・いなす・戻す)」の融合ととらえ、展示ブースでは、「積水化学グループの製品でつくるレジリエンスな未来の暮らし」をテーマに、新しい次元の製品・技術をパネル展示やデモ機を使ってご紹介しました。

積水化学グループ展示ブース

展示ブースには多くのお客様にご来場いただきました

タウンエネルギーマネジメントシステム

住宅間、住宅とオフィス間で電気を融通するシステムをつくば市で実証中です

フィルム型色素増感太陽電池を使った電子ペーパー(大日本印刷㈱様との共同開発品)

フィルム型の色素増感太陽電池(写真右)が生み出す電気で表示を切り替え(写真左、中)できます

「守る ―強靭で長持ちする力」をテーマとした新たな開発品群」

不燃ポリウレタンフォーム「PUXFLAME」、“巻ける”構造体「Skin-Rib Sheet」など、安心・安全な暮らしに貢献する建設関連資材の開発を進めています

 

UNIDO(国連工業開発機関)視察団の見学

“家とクルマの新しい関係” ソーラー住宅と電気自動車の間で電気をやりとりする「V to Heim」のシステムを説明

「エコプロ2016 環境・エネルギー会議」 企業トップビジョナリーセッション

会場内のイベントステージにて、取締役専務執行役員 R&Dセンター所長 上ノ山智史が、「積水化学における環境・エネルギーを基軸とした新規事業創出の取り組み」をテーマに講演を行いました

セキスイ畳「MIGUSA」

“畳の快適性を現代の暮らしに” 風合いや肌触り、吸湿性など天然イ草の特長を活かしながらも、高い耐久性や安全性、デザイン性を実現しています

大型のイメージモニターでは、「MIGUSA」のプレゼンテーションを行いました(写真右)

未利用エネルギー活用システム「エスロヒート地中熱」

未利用エネルギーである地中熱を有効活用するシステムです

 

フラクタル日よけ「エアリーシェード」

立体形状の樹脂製ユニットを組み合わせ、木陰の涼しさを人工的に再現した日よけ材です

自発光中間膜

自動車や建築物のガラス全面をディスプレイとして使えるようにする素材です(写真左:自動車型のデモ機、写真右:デモ表示)

防災貯留型仮設トイレシステム

災害時にも快適なトイレ環境を維持します

過去の出展

過去の出展の様子は、下記プルダウンメニューより選択しご確認ください。

日本最大級の環境展示会 エコプロ2016
持続可能な社会の実現に向けて

ページトップへ