HOME > 区画貫通 > ケーブル区画貫通措置部材 ケーブルラック・バスダクト貫通用プロセレクト 施工手順

施工手順

床の場合

 

No.1

金具の設置
●支持金具を必要に応じて接着剤、両面テープあるいはビスにて開口部に設置します。
プロセレクトボードの目地部と1辺につき1個以上設置します。

写真1
 
No.2

ボードの切断
●プロセレクトボードを開口部の寸法、貫通部のケーブル・電線管等の形状に合わせて切断します。
その際、プロセレクトボードとケーブル・電線管との隙間は、10(+10)mm以下とします。

写真2
 
No.3

ボードの設置
●手順2で加工されたプロセレクトボードを開口部に設置します。
その時、支持金具にあたるまでプロセレクトボードを押し込みます。

写真2
 
No.4

耐火テープを切断し、貼り付け
●ケーブルとプロセレクトボードとの隙間は、プロセレクトパテを用いて密に充填します。
その場合、プロセレクトボード上面から盛り上げ高さ30mm以上、厚み20mm以上(プロセレクトボードとのかかり代部は10�o以上)とします。

写真4

 

 

No.4

シーリング材を施工
●プロセレクトボードと鋼製スリーブまたは、躯体(床板)の接触部にシーリング材(シリコーンあるいは変形シリコーン)を施工します。

 

 

 

 

 ケーブル区画貫通措置部材 ケーブルラック・バスダクト貫通用プロセレクト
 ケーブル区画貫通措置部材 プロセレクトキット