フィブロック

パックスフレイム

ダウンロードデータのご利用には
Adobe Reader 5.0以上のインストールが必要です。
上ボタンよりインストール下さい。
HOME > パックスフレイム

PUXFLAMEとは

ウレタン系現場発泡断熱材として、国内初の不燃材料認定取得
これからの現場に最適な、断熱+不燃を持ち合わせた新素材です!

PUXFLAMEは炎が当たった際、表面に炭化層を形成し、火花・火炎からの引火を防止するため、現場でのウレタン火災事故の減少に貢献します。

特徴

1. 工期短縮

PUXFLAMEは、施工時間短縮を実現します。

理由①:単一材料であること
従来は、PU+プライマー+湿式不燃材の複数材料による施工
材料変更に伴う、養生・機械装置し直しによる手間
理由②:吹付け後即硬化するため、従来の不燃断熱材と比較し、乾燥時間が短縮される

具体例

複数材料の吹付が必要
単一材料だが、35mm以上吹き付ける場合、吹付・乾燥に時間を要する
養生や乾燥に費やす時間不要かつ単一材料施工により、工期短縮に貢献

〈200㎡の施工可能日数〉

※同断熱性能を持つ不燃材料施工時間比較
※当社施工試験による比較

2. 従来施工可能

PUXFLAMEは、従来の現場発泡ウレタンと同等の施工が可能です。

3.断熱性能

PUXFLAMEはウレタンフォーム同等の断熱性を有しているため、厚みが低減されます。

※PUXFLAME :t=20mm
=従来PU t=20mm+湿式不燃材 t=10mm /=不燃断熱材 t=35mm

認定番号・認定範囲一覧

PUXFLAMEは現在、HFCの認定番号を取得済み。 HFOは2017年8月より発売予定

発泡剤 不燃認定番号 吹付基材 認定厚み(mm) ※1
HFC NM-4366 (PDF 551KB) 金属板 20~49.7
NM-4416 (PDF 670KB) 金属板を除く、不燃材料 20~37.5
HFO NM-4539 (PDF 331KB) 金属板 20~48.6
NM-4533 (PDF 334KB) 金属板を除く、不燃材料 20~37.5

■適用下地例:告示第1400号に含まれる不燃材料
   不燃材料例:コンクリート、石膏ボード、金属板、鉄鋼、 等

■用途例:建築用・・・ビル・マンション・事務所・工場・倉庫 等

〈物性値一覧表〉

項目 単位
HFC
(次世代フロン/
代替フロン)

HFO
(第四世代/
ノンフロン)
JIS A 9526
A種1H
発泡体
性能
熱伝導率 W/mK 0.024(初期値)※ 0.023(初期値)※ 0.026以下
圧縮強さ || kPa 246※ 265※ 80以上
接着性 kPa 173※ 113※ 80以上
透湿性 ng/(m・s・Pa) 7.1※ 5.6※ 9.0以下
密度 kg/m3 40 38

※公的機関測定値

問い合わせ先

積水化学工業株式会社 耐火材料営業所

TEL: 03(5521)0545 FAX: 03(5521)0547
〒105-8450 東京都港区虎ノ門2-3-17(虎ノ門2丁目タワー)
Mail: puxflame@sekisui.com