自転車補償のご案内

ご存知ですか?道路交通法改正により、自転車違反行為の「自転車運転者講習」受講が義務付られます

平成27年6月に道路交通法が改正されました。今回の改正では、以下14項目が危険項目として指定され、危険な違反行為をして3年以内に2回以上摘発された自転車の運転者は、「自転車運転者講習」の受講が義務付けられます。なお、この受講命令に従わなかった場合は、5万円以下の罰金が課せられます。

  • 1.信号無視
  • 2.通行禁止違反
  • 3.歩行者専用道での徐行違反等
  • 4.通行区分違反
  • 5.路側帯の歩行者妨害
  • 6.遮断機が下りた踏切への進入
  • 7.交差点での優先道路通行者妨害等
  • 8.交差点での右折車妨害等
  • 9.環状交差点での安全進行義務違反等
  • 10.一時停止違反
  • 11.歩道での歩行者妨害
  • 12.ブレーキのない自転車運転
  • 13.酒酔い運転
  • 14.安全運転義務違反

自転車運行にあたって、これまで以上の安全運転配慮が必要です。

昨今、自転車による事故が多発しています

自転車搭乗中の事故で加害者となった場合は、被害者に対して高額な賠償を命じられるケースもあります。

自転車による高額賠償事故事例
事故の概要

※裁判で加害者が支払を命じられた概算額。(日本損害保険協会調べ)

兵庫県では、平成27年10月1日以降自転車利用者に賠償責任補償の加入が義務化されました。

兵庫県では、平成27年4月1日から「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が制定されました。

<兵庫県条例第6号 自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例>
(自転車損害賠償保険等の加入)
第13条 自転車利用者は、自転車損害賠償保険等(その自転車の利用に係る事故により生じた他人の生命又は身体の損害を填補することができる保険又は共済をいう。以下同 じ。)に加入しなければならない。ただし、当該自転車利用者以外の者により、当該利用に係る自転車損害賠償保険等の加入の措置が講じられているときは、この限りでない。

自転車利用者は、個人賠償責任保険の加入が義務付けられています。

  • セキスイガード自転車補償プラン
  • 三井住友海上自転車保険(@サイクル)
  • 東京海上日動自転車保険

お問い合わせ・お申し込みは

  • 電話・メールでのお問い合わせはこちら
  • 資料請求・資料ダウンロードはこちら

以下より希望書(PDF)をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上当社までFAXしてください。

ページのトップへ戻る