積水化学グループ 従業員・ご家族の方
初めての方へ

保険の基礎知識

保険とは

「一人の災難を大勢が分かち、わずかの金を捨てて大難を逃れる制度」(福沢諭吉)「万人は一人のために、一人は万人のために」(マーネス)

保険とは、将来起こるかもしれない危険に対し、予測される事故発生の確率に見合った一定の保険料を加入者が公平に分担し、万一の事故に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度で、私たちを取りまくさまざまな事故や災害から生命や財産を守る為に生まれた防衛策のひとつです。

公的保険と私的保険

【1】公的保険

社会政策または経済政策的理由から実施される保険で、社会政策ないし社会福祉を目的とした社会保険等があります。

公的保険と私的保険 解説図

【2】私的保険

民間の損害保険会社、生命保険会社が販売している保険です。また、私的保険に該当する保険であっても、社会政策的趣旨から実施されているものがあります。自賠責保険(自動車損害賠償保障法に基づく)や地震保険(地震保険法に基づく)がそうです。

私的保険の分類と主な保険の種類

人の生死に関して保険金が支払われる生命保険を「第1分野」といいます。保険の種類としては定期保険、終身保険、個人年金保険、養老保険などです。
偶然の事故による損害について保険金が支払われる損害保険を「第2分野」といいます。自動車保険、火災保険、海上保険、賠償責任保険などがあります。
生命保険と損害保険の中間に位置し明確に区分できない保険を「第3分野」といい、医療保険、がん保険、介護保険、傷害保険などがあります。

このページのTOPへ戻る

加入時のチェックポイント

保険に加入するときには、いろいろと確認しなければならないポイントがあります。 以下の項目をチェックしてから、保険に加入するようにしましょう。

  • どんな補償(保障)が必要なのか、よく考えましたか?

    身の回りの危険を考えて、自分が必要としている補償(保障)は何なのかをよく検討し、あなたにピッタリの保険を見つけてください。特約があるのか、ないのかも確認してみましょう。

  • 保険金が支払われる場合、支払われない場合を確認しましょう。
    例えば、自動車保険では、運転者の年齢を制限されている場合などがありますので、注意が必要です。火災保険などでは、支払限度額(保険金額)を正しく設定しないと、損害額に見合った保険金が支払われない場合もあります。
    分からない点があれば、セキスイ保険サービス(株)の担当者に確認しましょう。

  • 保険期間や保険料の支払方法などを確認しましたか?

    契約がいつから始まって、いつ終わるのかを必ず確認してください。保険種類により、責任開始日や保険料の給与天引き月が異なります。

  • 契約時に重要な事実を告げること(告知義務)や、契約内容に変更が生じた場合(通知義務)の連絡を怠ると保険金が支払われない場合があります。

    ごまかして保険に加入しても、万一のときに保険金が出なければ保険加入の意味がありません。分からない点があれば、質問するようにしましょう。

以上4項目は、加入にあたっての最低限の確認事項です。 もし、分からないことがあれば、遠慮しないで、納得できるまでどんどん質問してください。そうして、あなたに合った保険に加入するようにしてください。

このページのTOPへ戻る

お問い合わせ・お申し込みは

  • 電話・メールでのお問い合わせはこちら
  • 資料請求・資料ダウンロードはこちら

以下より希望書(PDF)をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上当社までFAXしてください。

ページのトップへ戻る