新着情報

2015.09.10

火災保険改定のお知らせ

2015年10月1日以降始期のご契約より、保険会社各社で以下の改定が実施されますので、ご案内申し上げます。

 

①保険料の改定

近年、自然災害や水濡れ事故による保険金のお支払いが増加していることから、損害保険料率算出機構が算出する参考純率(*1)が改定されたこと、また、保険会社各社の直近の保険金のお支払状況等を踏まえ、保険料が改定になります。

改定率は、お客様のご契約の内容(保険の対象・所在地・構造・用法・補償内容等)によって異なります。    

(*1) 参考純率とは、保険料のうち保険金のお支払いに充当する部分の保険料率について、保険会社が保険料設定の参考にできる料率です。 

 

②長期保険の保険期間の改定      

IPCC(*2)の評価報告書等、近年の地球温暖化研究の成果によると、自然災害の将来予測については不確実な要素が多いことが明らかとなってきており、火災保険についても長期のリスク評価が難しくなりました。こうした背景より、火災保険の参考純率は保険期間が10年までの契約に適用する改定が実施されました。

(*2) IPCC(Intergovernmental Panel on Climate Change:気候変動に関する政府間パネル)

気候変化の影響や対応策等の評価を全世界的な規模で行うことにより、政策決定者に判断材料や根拠を提供することを目的として設立された政府間会議

 

③その他の改定について

主な改定内容は下記をご確認ください

詳しくはこちら

 

What's New 一覧へ

お問い合わせ・お申し込みは

  • 電話・メールでのお問い合わせはこちら
  • 資料請求・資料ダウンロードはこちら

以下より希望書(PDF)をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上当社までFAXしてください。

ページのトップへ戻る