HOME > 企業情報 > 沿革

1954年(昭和29年) 東京都水道局給水用の積水化学塩ビ管(エスロンパイプ)販売を目的として 東京エスロンパイプ株式会社を設立 資本金25万円(10月)
1957年(昭和32年) 資本金 100万円に増資(2月)
建材製品(エスロン雨樋・プレート等)の販売開始(10月)
1959年(昭和34年) 資本金 200万円に増資(4月)
1960年(昭和35年) 資本金 500万円に増資(11月)
1961年(昭和36年) 資本金 1,000万円に増資(10月)
1964年(昭和39年) 東京エスロン商事株式会社に商号変更(1月)
1980年(昭和55年) 資本金 4,000万円に増資(5月)
1982年(昭和57年) 資本金 8,000万円に増資(10月)
1984年(昭和59年) 東京セキスイ商事株式会社に商号変更資本金 2億円に増資(4月)
1991年(平成3年) 株式会社セキスイホームテクノ東京(現積水ホームテクノ(株))を設立、住宅資材工事付販売を移管
2001年(平成13年) 新潟セキスイ商事株式会社を吸収合併(4月)
化成品部門を積水テクノ商事東日本株式会社として会社分割、同会社分割により当社資本金 1億5千万円(10月)
2011年(平成23年) 東北セキスイ商事株式会社を吸収合併
東日本セキスイ商事株式会社に商号変更(4月)