世界にまた新しい世界を。 A new frontier, a new lifestyle.

ガラスに機能を

自動車向け合わせガラス用中間膜自動車向け合わせガラス用中間膜

その名のとおり2枚のガラスをくっつけて作られた合わせガラス。
合わせガラスの中に「中間膜」という透明な樹脂フィルムをはさむことで、
ガラスはいろんな機能を持つことができます。
たとえば、クルマのガラスに使用することで車内をもっと安全にもっと快適に。
積水化学グループのテクノロジーが、ガラスの可能性を大きく拡げます。

音、紫外線、熱をカット。音、紫外線、熱をカット。

そもそも中間膜は衝撃を受けてもガラスが破片になって飛び散らないようにするためのもので、クルマの安全性を高めることからフロントガラスへの採用が義務付けられました。今では 騒音を抑える遮音の機能や、紫外線や熱を大幅にカットする遮熱の機能がプラスされ、車内を快適にしながら、車体を軽くしたり、車内温度の上昇をセーブしたりすることが可能に。エアコンの負荷を下げ、燃費を向上させるので、環境への配慮になっています。

HUD用 楔(くさび)形中間膜という世界初。HUD用 楔(くさび)形中間膜という世界初。

走行時に速度や車線に関する情報をフロントガラスに表示し、ドライバーの視線移動をなくすことで安全性を高めるヘッドアップディスプレイ(HUD)システム。近年、採用するクルマが増えていますが、通常のフロントガラスでは、光の屈折で映像が2重になって見えるという問題が発生します。積水化学グループは、断面を楔(くさび)形に成形することで光の屈折を制御し、画像をクリアに映せる「楔(くさび)形中間膜」を開発。独自の多層押出成形技術とナノ分散技術によって、HUDの2重像を抑えるだけでなく、遮音、遮熱機能も兼ね備えた中間膜を世界で初めて生み出しました。

中間膜

フロントガラスを全面ディスプレイに。フロントガラスを全面ディスプレイに。

この楔(くさび)形中間膜を利用したHUDシステムは、フロントガラスの限られた部分だけに映像を映せる仕組みで、表示できる情報量が限られています。現在、積水化学グループが開発中の自発光中間膜は、フロントガラス全面に情報を表示できる新しいHUDシステムが可能で、運転席以外の席からも表示された情報を見ることができます。より安全で快適なカーライフをサポートする、最新のテクノロジーです。

合わせガラスの断層:多層押出技術とナノ分散技術
合わせガラスの断層:多層押出技術とナノ分散技術
ヘッドアップディスプレイ対応に
遮音・遮熱の快適性をプラス
ヘッドアップディスプレイ対応に 遮音・遮熱の快適性をプラス
自発光中間膜の使用時のイメージ
自発光中間膜の使用時のイメージ

関連事業関連事業

Fact(ファクト)Fact(ファクト)