HOME > 新着情報 > 2009年 > 「世界で最も持続可能な100社」(Global100)への選出について

「世界で最も持続可能な100社」(Global100)への選出について

印刷用ページ 2009年2月5日

積水化学工業株式会社

 積水化学工業株式会社(代表取締役社長:大久保尚武)は、「Global100」として知られている「世界で最も持続可能な100社」に2年連続で選出されました。

 「Global100」とは、2005年から、カナダのコーポレートナイツ社(Corporate Knights Inc.)がイノベスト社(Innovest Strategic Value Advisors Inc.)の調査分析データをもとに、世界のあらゆる事業分野の大企業約1,800社の持続可能性を評価し、上位100社を公開しているもので、環境・社会・ガバナンスなど非財務要因が企業価値へ影響を与えるとの観点から企業評価を行っています。
 「Global100」の発表は、毎年スイスのダボスで開かれる世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)にあわせて行われており、今年は1月28日に公表されました。
 2009年は、15ヵ国のさまざまな業界の企業が上位100社に選ばれ、日本からは、当社を含め15社が選出されました。

 積水化学グループでは、「ステークホルダーの期待に応え、社会的価値を創造する」という企業理念のもと、事業を通じて社会に貢献することを目指しています。CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)でも、「環境」「CS」「人材」の3つで“際立ち”、事業を通じて社会に貢献するとし、太陽光発電システム搭載住宅、下水道更生システムなど、地球温暖化や水問題などの社会の課題解決に貢献できる製品を提供しています。
 
 今後は、CSRに関する取り組みを強化するとともに、持続可能な発展に向けて、企業理念の実現をめざし取り組んでいきます。

本件に関するお問い合わせ先

積水化学工業株式会社 〒105-8450 東京都港区虎ノ門2‐3‐17(虎ノ門2丁目タワー)  CSR部 CSR企画グループ TEL:03-5521-0839

ページトップへ