HOME > 新着情報 > 2011年 > 水ing株式会社と積水化学工業株式会社の水ビジネスにおける業務提携について

水ing株式会社と積水化学工業株式会社の水ビジネスにおける業務提携について

~水処理施設と管路の包括受注体制構築で海外水メジャーに対抗~
印刷用ページ 2011年6月10日

水ing株式会社
積水化学工業株式会社

 水ing株式会社(社長:廣瀬政義、以下水ing)と積水化学工業株式会社(社長:根岸修史、以下積水化学)は、上下水道事業の管路・水処理施設等の設計、建設、運転及び維持管理業務分野において、国内外の複合委託案件(管路と水処理施設が複合して委託される案件)の受注を目的とした共同営業活動及び受注した案件の業務を共同で遂行することを中心とした事業提携を行うこととなりました。

 水ingがこれまで蓄積してきた水処理事業のEPC(Engineering,Procurement and Construction:水処理施設の設計・建設)やO&M(Operation and Maintenance:運転と維持管理)のノウハウと、積水化学が保有する管路に関するバリューチェーン展開力(調査・診断~設計~製品~施工維持管理)を融合させることにより、両社の市場優位性をより強固なものとし、国内外における水事業の展開を加速していきます。

 

1.背景

 日本国内の上下水道事業は施設の老朽化が進みつつあり、その維持・更新に莫大な費用がかかることに加え、人材確保が困難である等の問題により、一部の自治体においては単独でのサービス提供は難しくなってきています。また、海外においても、新興国や発展途上国では上下水道インフラの整備が求められており資金・人材共に不足している状況にあります。これらに対応する手段として、民間のノウハウ、人材、資金等を積極的に活用し、課題解決にあたる公民連携(Public Private Partnership、以下PPP)の動きが、国内外で活発化してきました。今後、PPP案件はますます増加してくるものと思われます。

 一方、上下水道事業の運営・維持管理においてグローバルマーケットを席巻している存在として、フランスや英国の水メジャーがあげられます。彼らは水処理施設の設計・建設・運転・維持管理はもちろんのこと事業運営や料金徴収等のノウハウを持ち、世界のPPP市場で圧倒的なシェアを誇ります。水ing、積水化学両社にとって、PPP市場で競争力を発揮できるバリューチェーン(機器・設計・建設、運転・維持管理・顧客サービス、事業運営)を整備し、包括的な受注が可能となる体制の確立や、そのためのパートナーの確保が大きな課題となっていました。

 

2.業務提携の狙い

 水ingがこれまで国内外で培ってきた水処理事業のEPC・O&M・PPPのノウハウと積水化学の持つ管路に関するバリューチェーン展開ノウハウ(管路ストックマネジメントに秀でる)をマッチングすることで、水処理施設と管路の維持管理を包括的に受注する体制を構築していきます。なお、提携範囲(エリア)は全世界とし、海外のPPP案件に関しても積極的に進めていきます。

 

3.業務提携の具体的内容

 上下水道の管路・水処理施設等の設計、建設及び維持管理業務分野において、以下の業務を共同で推進していきます。

1)

国内外の複合委託(管路と処理施設が複合して委託される)案件の受注を目的とした営業活動

2)

1)の活動を通じ受注した案件の遂行

3)

対象案件の発注条件上必要とされる場合には共同でSPC(Special Purpose Company:特別目的会社)を
設立・運営

 


なお、上記を推進する上で、それぞれが果たす役割は以下の通りです。


<水ingの役割>
水処理施設の包括受注に資する業務全般
 ①水処理施設の調査診断業務
 ②水処理施設の設計・コンサルティング業務
 ③水処理施設の長期修繕計画・更新計画の立案業務
 ④水処理施設の更新・新設工事業務
 ⑤水処理施設の運転・保守点検・水質分析業務
 ⑥水処理施設の機器・薬品の販売
 ⑦水処理施設の運営管理全般

<積水化学の役割>
管路施設の包括受注に資する業務全般
 ①管路の調査診断業務(老朽化診断・劣化診断・漏水調査等)
 ②管路の維持管理計画、長期的計画等の作成業務
 ③管路の更生・更新・新設工事に関する設計業務
 ④管路の更生・更新・新設工事業務
 ⑤管路の維持管理業務(日常点検・清掃等の業務)
 ⑥管路の資機材の供給
 ⑦管路管理システムの納入とその運用業務
 

4.事業目標

 2011年5月より共同営業・共同受注を開始し、5年後の2016年度には売上高500億円以上(両社合算)を目指します。

以上


【ご参考】 

<水ingの概要> 

1)

本   社

東京都大田区羽田旭町11番1号

2)

代 表 者

代表取締役社長 廣瀬 政義

3)

設立年月

1977年4月

4)

資 本 金

6億5千万円

5)

事業内容

①水処理施設(水道、下水道、汚泥処理、産業用水)の設計・建設・運転・維持管理・運営

 

 

②水処理薬品の製造・販売

6)

売 上 高

679億円(2011年3月期)

7)

従業員数

2,978名(2011年3月期)


<積水化学の概要> 

1)

本   社

大阪本社:大阪市北区西天満2丁目4番4号

 

 

東京本社:港区虎ノ門2丁目3番17号

2)

代 表 者

代表取締役社長 根岸 修史

3)

設立年月

1947年3月

4)

資 本 金

1,000億円

5)

事業内容

①上下水道用管工機材、住宅関連資材、機能材料の製造・販売

 

 

②車輌材料・電子材料・メディカル分野等高機能樹脂関連製品の製造・販売

 

 

③ユニット住宅の製造・販売、およびリフォーム事業

6)

売 上 高

9,154億円(2011年3月期連結ベース)

7)

従業員数

19,770名(2011年3月期連結ベース)



 

本件に関するお問い合わせ先

水ing株式会社
 経営企画統括部 TEL:03-6275-9495
積水化学工業株式会社
 コーポレートコミュニケーション部 広報グループ
  TEL:03-5521-0522
 環境・ライフラインカンパニー 経営管理部 バリューチェーン推進室
  TEL:03-5521-0741

ページトップへ