HOME > 新着情報 > 2011年 > 「下水道展’11東京」に出展しました

「下水道展’11東京」に出展しました

印刷用ページ 2011年8月4日

積水化学工業株式会社

 東京ビッグサイトで開催された「下水道展’11東京」に、当社の環境・ライフラインカンパニー 管路更生事業部が出展しました。
 

積水化学グループ展示ブース

 

出展内容

 「包括委託の森へようこそ」をテーマとした当社展示ブースでは、管路の調査・診断、維持管理計画策定、管路資器材・システムから水処理施設の運営まで包括的トータルサポートをご提案。ひとびとのくらしに不可欠な水インフラ施設を最先端の技術力でサポートする積水化学グループの“総合力”をアピールすることができました。また今回の展示では、防災対策関連にも力を入れ、耐震対策や浸水対策向け製品や防災貯留型仮設トイレシステムなどもご紹介しました。

 展示会の総来場者数は8万人を越え、当社展示ブースにも約4,200名もの方々にお越しいただきました。また最終日に発表された出展者表彰において、デザインが優れ、内容的にもわかりやすい展示として「優秀プレゼン賞」を受賞するなど高評価を得ることができ、盛況の内に終了しました。

 出展にあたりご協力ご支援いただいた皆様、お越しいただきました皆様に心より御礼申し上げます。


 

防災対策

自動化SPR工法デモンストレーションの様子

注目を集めた防災対策関連製品コーナー

自動化SPR工法の実演は多くの方々が見学

 

「世界に誇る技術の祭典 下水道展'11東京」概要

  下水道に関する設計・測量、建設、管路資器材、下水処理、維持管理及び測定機器その他の幅広い分野の最新の技術、機器等を一堂に会し、展示・紹介する日本最大規模のイベントです。
 今回は、東日本大震災後、日本のインフラ技術に注目が集まる中、昨年を上回る8万人を超える来場者があり、大盛況のうちに終了しました。
 

会  期

2011年7月26日~29日

会  場

東京都・東京ビッグサイト 東1・2・3ホール

 

 

ページトップへ