HOME > 新着情報 > 2015年 > 2015年度 積水化学グループ入社式 社長挨拶

2015年度 積水化学グループ入社式 社長挨拶

積水化学グループは、4月1日、新入社員を迎えてグループ入社式を行いました
入社式における社長 髙下 貞二の挨拶(要旨)を以下のとおりお知らせします

印刷用ページ 2015年4月1日

積水化学工業株式会社
代表取締役社長 髙下 貞二

 新入社員の皆さん、積水化学グループへの入社おめでとうございます。
 心からの歓迎の意とお祝いを申し上げます。

 

 積水化学グループは、『「際立つ」技術と品質により「フロンティア」を開拓し続ける』というビジョンを掲げています。
 「際立つ」とは、「ハッキリとした得意技を持っていて常に磨き続けている。そして、時代、ライバルより一歩先んじている。衆知を集め、活かしている」という意味です。
 「フロンティア」とは、「未開拓分野、次世代成長分野、成長事業」です。社会がどのように変化し、需要構造がどう変わっていくのか、その変化に適応し、一歩先んじて、新たなフロンティアを見つけていくのです。

 

 

 私から皆さんに期待することを3つお伝えします。 

 

 1.フロンティアへの挑戦

 

あらゆる経験を積み重ね、挑戦してください。失敗、反省の経験なくして人は成長しません。勇気を持ってチャレンジしてください。

 

 

 2.誠実で真摯な仕事

 

自分の持ち場・立場で一生懸命頑張り、ひたすら打ち込んでください。コツコツとやっていれば必ず報われます。それによって周囲から信頼され、必要とされる人材になります。

 

 

 3.一人ひとりが主役

 

事業においては人が財産です。多様化するグローバル経済の中で持続的な成長を図り、社会に貢献していくためには、多様な人材の活躍が必要です。

 

 

 “一隅を照らす”という言葉があります。置かれている持ち場でベストを尽くし、小さな成果で良いから積み重ねてください。それぞれの持ち場で、なくてはならない人になってほしいと思います。
 あなたが光れば、あなたの隣も光ります。小さな光が集まって街は光り、社会も光ります。やがて、日本、世界、地球を照らします。積水化学グループを大きく照らすと確信しています。
 まずは“一隅を照らしてください”。皆さんのこれからの健闘を祈ります。

以 上

 

 

ページトップへ