HOME > 採用情報 > グループ新卒採用 > 東都積水株式会社

東都積水株式会社

様々な分野にSEKISUIブランドのプラスチック製品を供給するのが私たちの使命です。大手住宅メーカー向け建材から半導体プラントの排気ダクトまで、事業フィールドに制約はありません。世の中のニーズに敏感に反応し,新しい製品を生み出すのが当社の醍醐味です。

会社概要採用情報社員アンケート

髙松 宏充(タカマツ ヒロミツ)

2011年4月入社
技術部 直需技術グループ

現在のあなたのお仕事内容を教えてください。

プラスチック成形の中でも、少数派の押出成形を行っていて、住宅部材や配管部材などの複雑な形状のものを扱っています。
あまり目立つ商材では有りませんが、世の中に欠かすことの出来ない縁の下の力持ち的な製品です。
仕事内容は生産プロセスの構築と製造工程での改善・改良がメインです。
金型設計、設備導入、試作、実使用での評価などを行い、何の形もない粉や粒の原料から実際に安定して製品が生産できるようにするので、幅広い知識が必要です。

入社した理由・一番の決め手を教えてください。

小さい時からものづくりに興味があり、二次産業に携わりたいと思っていました。
目に見えないサービスや情報ではなく、目に見える製品を作る仕事がしたいと漠然と考えていました。
会社説明会で見学した際に、学生の自分でも見たことのある製品を製造していて親近感も沸きました。
私は生産過程の上流から下流までを携わりたいと思っておりましたので、専門的な仕事に特化せず、幅広く仕事の出来る、この会社を選びました。
基本的に転勤が少ないので、腰を据えて仕事が出来るのも決め手のひとつです。

現在のお仕事のやりがいを感じるのはどんなときですか?
逆に難しさを感じるのはどんなときですか?

仕事の範囲が広く、製造技術・生産プロセス・設備の知識など幅広い知識が必要ですが、自分のアイディアを形にでき、改善した箇所が
良品率や効率、変動費などの経済性ですぐ現れるので、生産性が向上した時はやりがいを感じます。
実際に自分で作ったものをホームセンターや住宅展示場で見たときは、ものづくりに携わり、社会貢献していると実感します。
新製品開発時は、新たなプロセス設計を行う場合もり。自分で考えて行動しなければならないことも有ります。そこに難しさを感じます。


会社の社風を教えてください。家族的な感じ、体育会系のノリがある、など。
なぜそう感じるのか、一言コメントをお願いします。

仕事を進める上での自由度は高いです。ある程度自分の考えで仕事を行えます。その分、責任も重く、先輩や上司のフォローがあるのでプレッシャーを強く感じることは、あまりありません。
生産現場ということも有りますが、安全面の意識は非常に高い会社です。入社直後に安全への意識付けや、危険性の見極めを徹底的に行います。
会社の規模が大きすぎないので、同じ面々で仕事が出来ます。自分は環境の変化が好きでないので、社風に合っていると感じます。

ページトップへ