HOME > 採用情報 > グループ新卒採用 > 積水フーラー株式会社

積水フーラー株式会社

会社概要採用情報社員アンケート

工藤 渓一(クドウ ケイイチ)

2013年4月入社
技術本部 技術2グループ

現在のあなたのお仕事内容を教えてください。

上長と連絡を取りながら、ホットメルト粘着材に関する各種技術業務を行っています。既存製品拡販の他、新製品の開発から生産立ち上げまで一貫して行うなど、一連の技術業務を担当させて頂いております。 

例)■技術サービス…依頼試験を通じたホットメルト粘着材の品種選定・改良などを行っています。

     ■開発…原料メーカーとの打ち合わせや、展示会を通じた新規原料の探索。新規配合処方の考案。製品のスケールアップなどを行っています。

     ■技術同行…必要に応じて営業に同行し、お客様を訪問。製品開発の進捗報告やお客様現場でのテスト立会いなどを行っております。


入社した理由・一番の決め手を教えてください。

勤務地と社風(国内大手+外資系のジョイントベンチャー)です。

ただ、よくある話で、入社前に感じた魅力と入社後の感じる魅力は、やはりリンクしなかったです。

そして、それが嫌だったかというと、そんなことはありませんでした。今感じている魅力は次の欄に書きます。

ちなみに私の場合、入社前に感じた魅力には、以下のような乖離がありました。

【勤務地】関西圏(入社理由)              ⇒ 静岡県浜松市(現在)

【社風】 国内大手と外資系との中間のような社風 ⇒ どちらかというと外資系寄りの社風(現在)

現在のお仕事のやりがいを感じるのはどんなときですか?
逆に難しさを感じるのはどんなときですか?

上記のように、製品開発から生産、お客様への提案までを一貫して携われるところです。

大手メーカーでの業務と弊社での業務との一番の差異、そして今やりがいと難しさを感じているのも、ここです。


私は技術を担当していますが、仕事で要求される役割は、技術的な役割だけでないと思っています。

モノを作って、売る商売一連の流れに対し、適切な技術サポートができるよう、試行錯誤の最中です。


ただやはり、自分で素材を見つけて、製品を作ることが出来るところは面白いと思っています。


会社の社風を教えてください。家族的な感じ、体育会系のノリがある、など。
なぜそう感じるのか、一言コメントをお願いします。

仕事の進め方にある程度、個人の裁量が認められるという意味で、寛容的な職場だと思います。

ページトップへ