HOME > 採用情報 > 新卒採用 > 積水化学について  > グローバル展開

積水化学について About Sekisui Chemical

グローバル展開

グローバル展開

積水化学グループは、事業のグローバル化を積極的に推進しています。
2014年度は、海外売上高(連結ベース)2,772億円、海外売上比率は24.9%でした。

グローバル展開

計画と具体的な取り組み

グローバルSHINKA:「際立ち」の現地化

ビジネスモデルを現地社会に適応させることでグローバル展開を加速させます。

海外売上高比率

住宅カンパニー

世界初となる現地生産による戸建住宅販売

タイを拠点として海外事業を立ち上げ、現地調達、現地生産でその国に根ざした住宅事業を展開しています。
工場生産から販売・施工・アフターサービスまで、日本で培った住宅事業の手法を活かし、現地企業との合弁会社で運営しています。

タイにおける住宅事業は、セキスイハイムの品質・性能・工期などが高い評価を受け、現地で絶大な知名度をもつサイアムセメント社との出会いがきっかけとなり始まりました。海外でマザー工場を建設し、戸建住宅を販売することは世界初であり、今後さらなる拡大を図ります。

環境・ライフラインカンパニー

海外重点3分野 グローバルNo.1戦略推進
管路更生 主に先進国の都市部において、老朽化した管路を更生する「SPR工法」を中心に海外展開を進めています。工法バリエーションを拡大することで、SEKISUI・SPRブランドを定着させ、グローバルNo.1を目指します。

水インフラ パイプシステム技術を軸に、新興国の水環境インフラ整備を推進し、アジアを中心に事業を展開しています。

機能材 際立つ樹脂・素材で、欧米や新興国に販売網を構築し、海外でのシェアを拡大しています。

高機能プラスチックスカンパニー

海外売上高比率63%を達成、「成長エンジン」としての海外事業
エレクトロニクス 海外営業担当者の増強や、技術開発サービスを強化しています。
また、スマートフォンやタブレット端末などモバイル機器分野でのスペックインに注力しています。

車輛・輸送 アメリカ・スペインにおいてサプライチェーンを強化し、海外での生産能力を拡大しています。
さらにBRICsを含めた新興国へのフロンティア開拓も進めています。

住インフラ材 タイに耐熱配管材向け樹脂原料の生産拠点を新設しました。
成長するインドや中東市場での拡販にも力を入れています。

ライフサイエンス 海外でのM&Aにより強化された検査薬事業や、世界高シェアの検査用具事業など、メディカル事業をグローバルに拡大しています。

ページトップへ