仕事・人について About work and people

先輩社員紹介

下村 和也

ご自身の転機になったエピソードを教えてください。

ご自身の転機になったエピソードを教えてください。

積水化学でのキャリアを重ねる中で、一級建築士に合格したことは大きな転機になりました。その当時、仕事と家庭を両立させながら、自己管理とモチベーションの維持も両立させる必要がありました。しかし、仲間で集まって勉強会を開くなど周囲のバックアップも大きく、仕事と自己研鑽を成り立たせ、合格へつながったことが大きな自信につながりました。また、業務上でも、お客様からの信頼も高まり、建築士の印鑑を持つ責任を感じています。

あなたが思う積水化学らしさって何ですか。

まじめで芯のある会社でありながらも、異種多様なスキルを持った人材が集まっており、とても刺激的です。また、常に一歩先の将来を見ようというDNAがあり、太陽光発電など10年前から業界のスタンダードを開発してきています。環境も考えられた高度な技術により、セキスイハイムの家が広がることは、社会貢献につながることだと思います。

人に負けない部分や、あなたの「際立ち」を教えてください。

人に負けない部分や、あなたの「際立ち」を教えてください。

目指したところに対する継続的に取り組む姿勢です。施工や管理、引渡しまでトータルに関わるそれぞれの段階で、提案することや問題点が出てきます。お客様には思い思いのこだわりがあります。ご家族それぞれ、必ず家への想い、夢、ストーリーがありますから、生の声を聞き、ダイレクトに反映していきたいです一生に一度の買い物だからこそ、安心して満足していただけることを一番に考え、丁寧に努力を重ねていく姿勢と意志を持っています。

10年後のビジョンを教えてください。

個人としては、産学精通した"カタリスト"を指しています。カタリストとは"触媒"。つまり、様々なことをつないでいくこと。学問としての研究機関と会社を結び、暮らしや社会へとアプローチしていきたいです。まだまだ勉強中ですが、企業人としてはもちろん、将来は学生時代にお世話になった大学にも通学し、社会貢献したいと考えています。大学へ企業のノウハウを還元し、住宅における学術的なことを会社へフィードバックする。自分の経験やスキルを発揮して、10年後20年後先の住宅業界を牽引する開発や設計に携わりたいです。

ページトップへ