仕事・人について About work and people

先輩社員紹介

元女 和樹

お仕事ではどういった業務に携わっていますか。

お仕事ではどういった業務に携わっていますか。

セキスイの住宅技術を際立たせているテクノロジーのひとつ『ユニット工法』を製品として市場へ届けるために、設計者の要求、技術者のゆるぎないこだわりを両立させる、いわばコーディネイターといった役割を担っています。開発本部で設計されたユニットは、製造工場で初めてカタチになります。工場で家をつくるという発想をスムーズに実現するために、ラインや製造工程に調整をかけ品質の管理などを行います。

積水化学を志望された理由を教えてください。

小学生の頃から漠然と建築士になりたいと思い、大学では材料工学科で金属について学びました。積水化学なら自分の夢も追え、知識も充分に活かせると考えたからです。また、社員の「人への情熱」を感じたことも大きいですね。就職活動を通じて、一番自分の話を親身に聞いてもらえたのが積水化学で、この環境なら自分をさらに成長させていけるものと感じました。

仕事のやりがいをお教えください。

仕事のやりがいをお教えください。

主な仕事内容は、開発本部で設計された製品を工場に導入すること。各部署の中心的な役割と言え、高い質を保ちながらも効率よく設計通りのものを仕上げなくてはなりません。そのため、町中で手がけた家を見ると、喜びもひとしおですね。社員一同がチームとなり作り上げた家が実際に建ち、人が暮らしている。その光景を前にいつもこの仕事に携わって本当に良かったと感じます。また家づくりの過程では、廃棄物やゴミが大量に発生します。セキスイハイムでは、これらを100%再資源化する仕組みを、全国のすべての工場で確立しました。ついに業界初の建築現場でのゼロエミッションを達成し、最新鋭の工場では環境にやさしい家づくりがなされています。技術を磨くこと、日々の取り組みを続けること。それが社会貢献につながると実感できるのもやりがいとなります。

あなたが思う積水化学らしさって何ですか。

「人」=「情熱」の会社であること。就職活動中も感じましたが、社員一人ひとりが皆、熱い思いを抱いており、大変魅力的な人ばかりです。製品に対してはもちろん、若い社員に対しても真剣に向き合い、見つめています。常日頃からセキスイハイムとしてできることは何かを考えており、そうした環境があることで自分も、会社もより大きく成長していけるものだと思います。

10年後のビジョンを教えてください。

営業、工場技術者として培ってきた経験、知識、技術を活かし、今度は自分が製品を設計する立場にいることを目指しています。たとえば、業界で誇れるようなライフスタイルを提案するプロジェクトリーダーになりたい。そのためには今どのような行動をとればいいか、常に考えています。住宅の新たなフィールドに立ち、今までなかったような暮らしを届けるオリジナル技術を開発したいです。

ページトップへ