仕事・人について About work and people

先輩社員紹介

小川 功

現在の仕事内容について教えてください。

現在の仕事内容について教えてください。

PET樹脂を使った押出成形メカを担当しています。世界に一台の機械を駆使し、オンリーワンの素材を生成しており、素材を組み合わせてのモノづくりが、暮らしへと直結しているのを実感しています。
機械・電気にまつわるあらゆる部分から製品のアウトプット、納品後のサービスまで全体に関われるのは、モノづくりをしている会社だからできることです。「やる気があれば世界を獲れる」—そんな気持ちもわき上がってくる仕事です。

あなたが積水化学を志望された理由を教えてください。

メーカーに入り設計・開発することを志望していました。物理も化学も好きでしたので、積水化学に入社すればモノづくりだけではなく化学も経験できると思いました。また、採用担当の方のお話から、上司とも気軽に話せる非常に風通しのいい社風に魅力を感じました。自由な社風で、モノづくりを通じて大きな社会貢献ができる。その点に惹かれました。

ご自身の転機になったエピソードを教えてください。

ご自身の転機になったエピソードを教えてください。

新素材の用途を検討していた時、建物に使用される「雨どい」の商品化提案をしました。工場と研究所では仕事の進め方、考え方、環境がまるで違う中、社内外の多くの専門家と交流することで、より幅の広い技術者として成長できたと思います。開発から販売まで全てのプロセスを見ることができたのも大きな収穫でした。

仕事のやりがいについて教えてください。

押出成形でモノをつくるのは難しく奥が深い技術。それを克服していくことに達成感とやりがいを感じます。何よりもニッチな技術分野なので、オンリーワン的な誇りがあります。積水化学には、新しいことにチャレンジしていく風土と可能性を掘り下げられるフィールドがあります。壁にぶちあたることもしばしばですが、誰もやったことがないテーマに挑めるフロンティアスピリットが持てます。

10年後のビジョンを教えてください。

化学と機械・電気をつきつめ、幅広くいろいろな技術を吸収し活躍できる技術者になりたいですね。積水化学はここ数年で急速にグローバル展開しています。世界に目を向け、国内だけではなく海外の技術を取り入れて、人・環境に貢献できる新しい技術をつくっていきたいと思います。また、発展途上国は、まだまだライフラインが十分に構築されていませんので、こうした国々に貢献したいと考えています。

ページトップへ