仕事・人について About work and people

先輩社員紹介

兒玉 宏樹

現在所属する部署の内容と主な仕事内容について教えてください。

現在の仕事内容について教えてください。

現在の部署では、電力会社との外部折衝を始め、工場内の電力管理、各製造部における電気設備の保全業務を主に行っています。その中で私は、合わせガラス用中間膜工場の電気設備の保全業務を担当しています。その業務内容は幅広く、水口中間膜工場の電気設備の定期点検、トラブル対応、設備の老朽更新や改造をはじめ、海外の中間膜工場の設備導入等の技術支援といったことも行っています。

仕事の面白みや、やりがいについて教えてください。

仕事の面白みや、やりがいについて教えてください。

トラブル対応の業務範囲は非常に広く、蛍光灯の交換といった単純作業から制御プログラムの解析といった専門技術を必要とする高度な作業まで多岐にわたり、やりがいのある業務だと思います。たとえば、生産に支障をきたすトラブルが発生した場合は短時間で復旧させなければなりません。そのためには、電気機器の知識や生産設備の工程精通をベースとした分析力や判断力が必要不可欠です。そういった専門スキルを身に付けるのは決して簡単なことではありませんが、日々の積み重ねによって、自分なりのアプローチの方法が少しずつ形になっていくのがわかります。それを実践し、素早くトラブルを復旧したときは、保全マンとしてレベルアップを実感することができます。また、些細なことですが、現場の方に「ありがとう」と言ってもらえると嬉しいものです。

積水化学を志望された理由を教えてください。

学部4年間は電気系を専攻し、その後の大学院2年間ではナノテクノロジー分野の研究をしていたこともあって、素材化学メーカーの電気系という業種に絞って就職活動をしていました。そんな中、積水化学の会社説明会に参加し、中間膜の魅力を知ることとなりました。ナノ分散技術もさることながら、海外へも幅広く展開しシェアを勝ち取っているその製品の技術力に魅せられました。それと同時に、その時の人事担当者のいきいきと仕事をしている姿に惹かれたのを覚えています。世界を相手にわくわくする仕事がしたいと思い、積水化学への入社を決意しました。

就職活動生へ向けたメッセージをお願いします。

就職活動を通して、自分の夢や価値観と向き合うことになると思います。私もそうでしたが、これまで将来のことをあまり考えたことのない人にとっては、つらい時期かもしれませんが、家族や友人、先生に相談することで自分なりの答えがきっと見つかるはずです。その答えは大切にしてください。それをどんな形で叶えていくかを考えていくと、就職活動が楽しくなってきますよ。

ページトップへ