魅力品質物語

快適エアリーへの道のり > プロローグ


当社は、“魅力品質選定制度”という評価制度を設けている。
3年に一度、積水化学グループ内における製品・サービスなどを、社外の有識者に評価して頂き、当社のモノづくりや技術力の評価とともに、埋もれていた魅力を再発見する目的。

タイトルの「“空気の質を販売する”というポリシーに感銘を受けた」というのは、この魅力品質選定委員会の選定委員の言葉。2012年度大賞の住宅カンパニーが開発した「快適エアリー」を評したものである。

快適エアリーは、当社の住宅ブランド“セキスイハイム”のために開発された、独自の全室空調システム。四季を通して、室内の空気の温度、湿度、清浄さまでを管理する。ヒートポンプ式の冷暖房・除湿ユニットと、高性能な熱交換型の第一種換気システムを組み込んだ設備。上質な空気を住まい全体に供給し、安定した空気環境を実現する。

しかし、いわゆる一般的な全館空調システムとは異なっている。その核となるのはセキスイハイムならではの床下空間の活用。まさに、縁の下の力持ち。快適エアリーの開発を支えるもっとも重要なポイントは「基礎」の部分である。

では、いったいどんなシステムなのか。冬は、床下全体から廊下や居室の区別なく、1階の住空間全体を暖めることができる。そのため家庭内事故でよく取り上げられる部屋・部屋間の水平温度差によるヒートショックを軽減したり、冬の早朝の家事や早起きをラクにしたり、そんな効果もある。

夏場は冷房に加え、除湿機能によって湿度を調節できるので、設定温度をそれほど下げなくても爽やかさを持続することができる。

さらに、住宅業界トップレベルの性能を誇る高性能フィルターが、空気の質をコントロールする。この高性能フィルターは、一年中一日中24時間フル稼働で微細な花粉や粉塵などを除去するため、室内には常に清浄な空気が取りこまれ換気されている。

冬や夏だけでなく、花粉の飛散する時季や梅雨も、文字どおり一年中、室内の快適性を高めることができる。実際に、快適エアリーを採用されたお客様のアンケートでも、「花粉症がラクになった」という声は多く、中には「子どものぜんそくがラクになった」とおっしゃるお客様もいる。快適エアリーの商品企画を担当している田中は言う。まさに「温熱と空気という2つの視点で、お客様にとっての“真”の快適を追求した」と。

※あくまで個人的な感想です。商品の効果・効能を保証するものではありません。人それぞれの個人差がありますのでご注意ください。

冬はあったか 通年空気調節ステム快適エアリー
夏はさわやか 通年空気調節ステム快適エアリー
冬はあったか、夏はさわやか。通年空気調節ステム快適エアリー
Copyright (C) 2013 SEKISUI CHEMICAL CO., LTD.