「フェノバボード」を構成材とする断熱リフォーム用壁パネルの開発について

2011年10月13日
積水化学工業株式会社

 積水化学工業株式会社(代表取締役社長:根岸修史、以下当社)の環境・ライフラインカンパニー(プレジデント:髙見浩三)は、断熱リフォーム壁パネル「フェノバパネルWO(※)」(以下本商品)を株式会社ウッドワン(以下ウッドワン社)と共同開発し、ウッドワン社が10月17日より全国発売します。本商品は、既存住宅の内側から施工することで、居住しながら断熱リフォームを行うことができるのが特徴です。
 ※ウッドワン社が発売する際の商品名は「あったかべ」です。

 

Ⅰ.市場および背景

 社会的に省エネに対する意識が高まる中、2009年に始まった住宅エコポイント制度の効果により徐々に住宅における高断熱化が進んできましたが、既存の住宅ではいまだに断熱性能が十分確保されているとは言えない状況が続いています。一方従来の断熱リフォームは、外装材を取り除いて施工するなど、大がかりな工事になることが多く、コストや時間の面で居住者の負担が大きいという課題がありました。
 そこで、当社ではウッドワン社と共同で、部屋の内側から施工できる「フェノバパネルWO」を開発しました。建築用としては最高クラスの断熱材である「フェノバボード」と、ウッドワン社の木製内装材製作のノウハウを融合し、手軽でスピーディな断熱リフォームを実現します。
 国家戦略プロジェクトとして、住宅の省資源・長寿命化や中古住宅市場の活性化が喧伝される中、断熱リフォームの対象となる既存住宅は約1000万戸あるとされ、今後更に需要の増加が見込まれております。

 

Ⅱ.「フェノバパネルWO」の特徴

 断熱材と石こうボードを一体化したパネル状になっており、現場でカットができるほか、壁面にビスで固定することができます。さらに、そのままクロス仕上げとすることも可能です。また、必要な部屋だけ内側から施工できるため、居住したまま改修工事を短工期で完了することが可能です。「フェノバボード」を採用することで、パネル全体の厚みを最小限にとどめることができるため、居住空間を広く確保できます。


<1.必要な部屋だけスピーディに断熱性能アップ>
・必要な部屋だけ内側から増し貼りすることで断熱性能を向上させることができ、短工期で施主様が居住されたまま施工が可能です。

<2.最薄設計で空間を広々保つ>
・フェノバボードの断熱性能を活かし、薄くても断熱性能を発揮することができ、内装側から増し貼りしても、圧迫感が無く空間を広く確保できます。(パネル厚み24.5mm)

<3.ベターリビング認定品>
・財団法人ベターリビングよりBL認定(環境保全に寄与する優良住宅部品の認定)を取得しています。
※認定されている性能については下記の(財)ベターリビングのホームページにてご確認ください。
   ⇒ http://www.cbl.or.jp/index.html

 

Ⅲ.「フェノバパネルWO」の主な構造

 商品寸法

厚み24.5mm×幅910mm×長さ1820mm

 価   格

設計価格 ¥14,700/枚

 

フェノバパネルWO①

 

 

フェノバパネルWO②

 

Ⅳ.「フェノバパネルWO」の販売について

 既存住宅の改修として、住宅会社、リフォーム会社に対し、本商品の販売を開始します。
本商品は、当社がウッドワン社に対し「フェノバボード」を供給し、ウッドワン社が製造販売を行います。
 また、ウッドワン社では、本商品に加え木製内窓や無垢の床材とともに、省エネリフォームのシステム提案を行う予定です。 

 

1.販売開始時期

2011年10月17日

 

2.本商品によるフェノバボードの販売目標

2013年度 10億円

 

3.展開エリア

全国



【ご参考】ウッドワン社の概要

 会 社 名 

株式会社ウッドワン

木サッシ(省エネ)+壁(省エネ)+木床(ヒートショック対策)

 代 表 者

代表取締役社長 中本 祐昌

 本社所在地

〒738-8502 広島県廿日市市木材港南1-1

 

 

TEL  0829-32-3333(代表)
FAX  0829-32-6237

 事業内容

木質内装建材製造・販売および、住宅設備機器などの販売、住宅等木質構造物の企画・設計

 設  立

昭和27年4月

 従業員数

1563名(平成23年3月31日現在)

 売 上 高

連結643億円(平成23年3月期)

 

本件に関するお問い合わせ先

積水化学工業株式会社
 コーポレートコミュニケーション部 広報グループ
  TEL:03-5521-0522
 環境・ライフラインカンパニー 建材事業部
  TEL:03-5521-0832

close