物流サービスの一部有償化について

2014年8月26日
積水化学工業株式会社

 積水化学工業株式会社(代表取締役社長:根岸修史)の環境・ライフラインカンパニー(プレジデント:髙見浩三)では、製造・販売するパイプ・継手などの物流サービスの一部を有償化させていただくことを決定致しました。
 昨今、長尺製品を運ぶ平積みトラック(平ボディ車)が減少しているほか、高齢化や普通自動車免許の規定改定の影響などによりドライバーも減少しています。また、景気回復により車両調達が困難な状況にある上、燃料費も高騰するなど、極めて厳しい事業環境が続いております。
 当社としましては、生産拠点の再編による輸送距離の短縮化や製造コスト・経費の節減、積載効率の向上による配送の効率化などの自助努力を行っておりますが、製品供給の安定化と限りある台数での配送能力の改善を図るべく、物流サービスの一部有償化などに踏み切らせていただくものです。 

 

 

 


 

 

  1.対象製品

 

パイプ・継手・マス、保温材、雨樋本体・部品、接着剤 など

 

 

 

  2.内容

 

①クレーン付トラック指定料金の有償化

 

 

 

 

 

②小口出荷運賃の有償化

 

 

 

 

 

③30%以下の低積載車両の出荷見合わせまたは有償化

 

 

 

 

 

④低積載車両削減のための定期エリア配送便の設定・活用と納期調整のお願い

 

 

 

  3.実施日

 

8月下旬出荷分より順次

以上

本件に関するお問い合わせ先

積水化学工業株式会社 〒105-8450 東京都港区虎ノ門2‐3‐17(虎ノ門2丁目タワー)
  コーポレートコミュニケーション部 広報グループ TEL:03-5521-0522
  環境・ライフラインカンパニー 物流革新プロジェクト TEL:03-5521-0551

close