リサイクルコンテナ

製品名称

リサイクルコンテナ詳細情報

一般名称

コンテナ

製品バリエーション

製品仕様


商品説明

サンドイッチ成形法を利用したコンテナ

プラスチックコンテナは、従来射出成形機を使って単一樹脂にて製品化されていました
が、この新リサイクルシステムに導入したサンドイッチ成形機は、二種類の材料にて製
品化することができます。
回収したプラスチックコンテナを再生材として中間層(コア層)に、通常(新)原料を
表面(スキン層)になるよう金型内で三層成形することができます。
この成型方法にセキスイ独自の技術を盛り込み、新しいリサイクルコンテナを完成しま
した。

特長
●現状使用している金型をそのまま利用できる技術を確立しました。
●コア層により多くの回収材料を投入できる(現状金型使用で最大40%)技術を確立し
ました。
●コア層(多種の回収材)の色、品質をスキン層(ご注文色)の原料で包み隠す技術を
確立しました。
●回収し、再びお客様へお返しするマテリアルリサイクルシステムを確立しました。
(ビジネスモデル特許申請)
 
プラスチックコンテナの新リサイクルシステム
従来、プラスチックコンテナをマテリアルリサイクルして再利用する方法としては
●回収したプラスチックをコストをかけてリペレット(再新原料化/色に制限あり)にし
て使用する。
●再生材を新原料に混ぜて使用する。(物流用パレット、車止め等/リサイクル品の色、
品質に制限あり)
方法がメインとなっていました。

今回開発した新リサイクルシステムでは、使用済となったコンテナを希望の色のコンテ
ナにリサイクルして再度コンテナとして使用することが可能になりました。(「コンテ
ナtoコンテナ」でのマテリアルリサイクル)  
  
特長
●回収したコンテナを粉砕品のまま材料として使用できます。(リペレット加工費用が
不要)
●回収したコンテナと異なった色の新しいコンテナとして供給できます。
●従来の新原料による製品と同等の外観、強度を保持し、印刷やカードラックの取り付
けも可能です。
●新リサイクルシステムにて生産されたコンテナは繰り返しリサイクルが可能です。
 

この商品を統括する事業部門

積水テクノ成型(株)

この部門のホームページへ

代表営業窓口

積水テクノ成型(株)産業用品営業所(東日本担当)

〒105-0003
東京都港区西新橋2−6−2(友泉西新橋ビル5階)
TEL 03-5521-0738
 
 

積水テクノ成型(株)産業用品営業所(西日本担当)

〒530-8565
大阪市北区西天満2-4-4(堂島関電ビル5F)
TEL 06-6365-4665 FAX 06-6365-4667
 
 


その他の営業窓口

積水マテリアルソリューションズ(株) 北海道営業所

〒060-0809
北海道札幌市北区北9条西3-10-1 小田ビル5F
TEL 011-700-5566 /FAX 011-700-5567
 
 

積水マテリアルソリューションズ(株) 東北営業所

〒984-0011
宮城県仙台市若林区六丁の目西町8-1斎喜センタービル6F
TEL 022-287-3915 FAX:022-287-3906
 
 

積水マテリアルソリューションズ(株) 東京営業所

〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-3-6 PMO新日本橋
TEL 03-6744-5774 FAX03-6744-5776
 
 

積水マテリアルソリューションズ(株) 名古屋営業所 

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄2-6-1 RT白川ビル6F
TEL 052-229-8700 /FAX 052-204-6333
 
 

積水マテリアルソリューションズ(株) 大阪営業所

〒530-8565
大阪市北区西天満2-4-4 堂島関電ビル5F
TEL 06-6365-4614/FAX 06-6365-4609
 
 

積水マテリアルソリューションズ(株) 広島営業所

〒732-0052
広島県広島市東区光町1-10-19 日本生命広島光町ビル6F
TEL 082-553-0165 FAX 082ー553-0166
 
 

ヒノマル(株) 筑後営業所

〒834-0066
福岡県八女市室岡1288-3
TEL 0943-23-4103 FAX 0943-23-4195
 
 


ページトップへ