インドの村へ医療サービスを提供

地域社会とともに生きる企業として積極的なコミュニケーションを図っています

主な取り組み

積水化学グループの取り組みインドの村へ医療サービスを提供

インドのSEKISUI DLJM MOLDING PRIVATE LTD. (以下DLJM)が事業を行う地域では、住民に対する医療サービスの不足が社会的な問題となっています。そんな中、NGO団体 PHD Rural Development Foundationでは、小型トラックに薬、ストレッチャー、検査機器などを載せて、医療施設が不足している地域へ移動型医療サービス(以下医療キャンプ)を提供する活動を行っています。

DLJMは2018年度、この活動に協賛し、財政援助を行うとともに医療キャンプの設置先や日程を策定するなどの活動プロセスに携わりました。例えば、設置先を決める際には、調査データに基づいてNGOと意見交換を行い、比較的医療施設が少なく衛生意識が低い村を選定しました。その結果、DLJMの事業所の近隣地域にある4つの村に医療キャンプが設置されることになりました。

これらの4つの村では、2019年1月までに3種類の医療キャンプ(一般向け・女性と子ども対象・眼科に特化したもの)が合計で23回実施され、約2300人が無料で診察や薬の処方などを受けることができました。DLJMでは、今後も人々の健康・教育・暮らしの3分野を軸に地域コミュニティへ貢献する活動を行っていきます。

医療キャンプで診察を受ける村人たち