環境マネジメントシステム

ISO14001にのっとった環境マネジメントシステムを構築

マネジメント・アプローチ

環境経営推進体制CSR委員会の下部組織として環境分科会を設置

積水化学グループは、取締役会において、財務・非財務すべての取り組み、方針に関して審議し、決定を行っています。非財務面の「環境」側面に関しては、全グループ会社で共有されている「積水化学グループ 環境経営方針」を環境経営の根幹に置き、社長を委員長とし、従業員代表およびカンパニーのプレジデントなどの取締役が参加してCSRに関する議題について審議・報告を行うCSR 委員会およびその下部委員会である環境分科会をそれぞれ年2 回開催し、グループ全体のCSRに関する主な取り組み、活動方針を決め、この報告を取締役会で行い、承認を得て経営に反映させています。
さらにCSR 委員会の決定事項を受け、カンパニー・コーポレート間の環境責任者会議にて具体的な活動計画を策定しています。各事業所ではISO14001にのっとった環境マネジメントシステムを構築し、環境活動を運用しています。
2018 年度のCSR 委員会は、5 月、10 月、2 月に計3 回、環境分科会は、9 月、3 月に計2 回開催しました。上期にはGHG削減の取り組みや水資源の取り組みなどKPIに対する進捗の確認や実効施策の審議を、下期には進捗確認と施策検討に加え、積水化学グループの環境経営方針など重要実施事項について討議を行いました。
また、上記の定常的な運営体制以外にも課題解決のために施策展開を急ぐもの、KPI の立案など時間をかけて審議する必要がある案件に関しては、ESG 経営推進部担当、経営戦略部長である加藤専務執行役員が議長となる経営会議1 回/月開催の場で適宜審議を行い、取締役会に報告されています。

  • 3-005

環境経営 推進体制

サプライチェーンにおける環境マネジメントISO14001やエコアクション21の認証取得を支援

取引先に対して、ISO14001やエコアクション21などの認証取得を要請し、その取り組みを支援しています。
また、積水化学グループ外の調達先に対しては、調達方針を通じて「積水化学グループ 環境経営方針」への理解および環境配慮に関する要望を伝えています。
2018年度からは気候変動に対する取り組み・活動や目標設定について要望を伝えています。

  • エコアクション21: 環境省が策定した環境マネジメントシステム

オフィスのエコ活動に環境マネジメントシステム(EMS)を活用グループ環境マネジメントシステム(EMS)に沿った環境活動をオフィスで推進

積水化学グループでは、各オフィスにおける環境活動も環境マネジメントシステム(EMS)に沿って取り組んでいます。積水化学の本社ビルをはじめ全国各拠点のオフィスでは、EMSを参考にしながら、昼休みの一斉消灯など省エネルギー活動や紙の使用量削減等の各種環境活動を実施しています。

環境法規制への対応規制より厳しい自主管理値を設定し、未然防止に努めています

積水化学グループは大気・水域への環境負荷排出などについて、法律の規制より厳しい自主管理値を設定し、事業場ごとに遵守しています。併せて社内環境監査を実施することで潜在的な環境リスクを洗い出し、環境事故の未然防止に努めています。また、新しい法規制の動向、他社の事故事例などをグループ内で共有し、包括的な活動を展開しています。
2018年度は、環境関連の事故並びに行政からの指導はありませんでした。さらなる遵法に努めていきます。

主な取り組み

EMSの海外への運用拡大ISO認証取得とゼロエミッション化を推進

海外各拠点では、国内で培った環境マネジメントシステム(EMS)を拡大運用することにより、環境負荷データの取得体制を整え、データに基づいた負荷の低減に取り組んでいます。
2019 年3 月末時点で、国内54 事業所、海外39 事業所がISO14001 等の認証を取得。積水化学グループの全従業員数に対し、これら認証取得事業所の従業員数の割合は、55%となっています。
また、生産事業所すべてにおけるISO14001 認証取得とゼロエミッション達成を目指しています。
ゼロエミッション達成基準と認定制度については資源の有効活用をご覧ください。

パフォーマンス・データ
  • 環境パフォーマンス・データ集計範囲について、積水化学(連結)の全事業所(生産売上高100%)を環境報告対象としています。
指標 算定方法
EMS認証取得事業所数 EMS外部認証を取得している事業所数
EMS外部認証:ISO14001、エコアクション21等
EMS外部認証取得の事業所の従業員数の積水化学グループ全体に占める割合 EMS外部認証取得事業所の従業員数の積水化学グループ全体に占める割合=Σ[EMS外部認証取得事業所の従業員数]/連結従業員数
従業員数:当該年度末日時点の従業員数

環境関連の苦情等

内容 対策
苦情 騒音 排気ブロワーからの騒音 サイレンサーの設置
その他 夜間の照明環境 照明角度の変更
廃棄プラスチック保管用容器への雨水侵入 ビニールカバーとストレッチフィルムによる雨水侵入防止
危険物貯蔵庫の変更許可申請書の提出漏れ 変更許可申請書の提出

2018年度は苦情が4件発生しました。環境に関する苦情について、順次再発防止策を実施しています。