環境の保全 ~ 生物多様性 ~

「生物多様性が保全された地球」の実現に向けて際立つ価値を提供し続けます

マネジメント・アプローチ

基本的な考え方事業活動にともなう生物多様性への影響の低減を進めています

積水化学グループの事業活動は、生物多様性がもたらす数多くの自然の恵みを受ける一方で生態系への負荷も与えています。
積水化学グループは、2008 年4 月、「環境経営方針」に生物多様性に関する項目を追加するとともに、従来よりも限りある資源やエネルギーの効率的活用を推進し、温室効果ガスや有害化学物質などによる環境負荷の低減と汚染の防止に努めます。
2011 年には生物多様性ガイドラインを策定し、事業活動における環境配慮と世界各地での環境保全活動という両面から自然環境を含む生物多様性の保全に取り組んでいます。

環境長期ビジョン生物多様性が保全された地球の実現に向けて

積水化学グループは、生物多様性が保全された地球の実現に貢献するために、2019年度までは「環境貢献製品の市場拡大と創出」「環境負荷の低減」「自然環境の保全」の3つの活動で、2030年には利用した自然資本以上にリターンすることを目指してきました。
2020年からは、より長期の2050年を見据えて環境に関する取り組みを行っていきますが、目指す姿「生物多様性が保全された地球」は変わりません。
SDGsでも謳われているように、自然環境や社会環境の課題は、つながっていて、一つの課題の解決を目指すためには複数の課題を認識し、働きかけを考える必要があります。
今後は、ステークホルダーとのパートナーシップを強化し、自然環境課題のみならず社会環境課題の解決を意識した活動へと進化し、自然資本だけでなく社会資本へのリターンにも貢献する活動を行っていきたいと考えています。

主な取り組み

SEKISUI環境ウィーク環境活動推進力の高い人材になるために実施

第7回を迎えた2019年度は、27,884人の従業員が参加しました。
活動内容は、地域の清掃活動や植林活動、オフィスでの省エネ活動など事務所ごとに工夫を凝らした活動を行いました。

サステナブルな原材料の調達持続可能な木材の利用とトレーサビリティの確保

積水化学グループでは、森林破壊の根絶と木材資源の持続可能な利用に貢献するために、製品に使用する木材は、FSC認証材など合法的に伐採された木材を使用しています。また、木材原料の伐採地域、樹種、数量など商流調査し、トレーサビリティを確保しています。再生材につきましても市場で使用済の木材・木質材料、または未利用の間伐材や末木枝条などを使用しています。

事業緑地の質向上に向けて国内全生産事業所・研究所で緑地の質向上の取り組みを実施

事業所内で地域の動植物の生息環境を整え、地域と事業所を結ぶ生態系ネットワークを形成し、地域連携を活性化する目的で、事業所内の緑地の質を向上させる取り組みを推進しています。土地利用通信簿®を活用し、環境中期計画(2017-2019)の期間中での評価点を2016年度比5ポイント向上させることを目標にしていました。2019 年度は環境コンサルティング会社の株式会社地域環境計画の指導の下、緑地に在来種の低木を植栽したほか、除草剤(化学薬品)の散布を止めた結果、平均得点が2016年度比で5.3ポイント上がりました。

企業連帯による生物多様性の保全活動事例生物多様性びわ湖ネットワーク「トンボ100大作戦~滋賀のトンボを救え!」

琵琶湖を有する滋賀県は、日本で確認されているトンボの半数の約100種類が確認されている生物多様性のホットスポットです。積水化学多賀工場および積水多賀化工(株)は、滋賀県に事業所がある7社と連動し、企業の枠を越え滋賀の生物多様性の保全を推進するプロジェクト「生物多様性びわ湖ネットワーク(以下「BBN」)」に参画し、トンボの保全活動を実施しています。
BBNでは定期的に生息環境の調査をしており、現時点で75種の確認ができました。調査での気付きは専門家に助言を仰ぎ、工場敷地内の生息地保護および生息地の創生・維持管理に展開しています。生息地が激減しているハッチョウトンボの生息地保護には一定の成果がみられています。多賀工場では多賀町周辺のいきもの調査を年2回実施し、多賀町立博物館と連携して地域の多様性を確認中です。また、敷地内にトンボを誘引するコンテナビオトープを設置し、ヤゴが生育できる環境を創生しています。自然観察会等のイベント開催や参加も積極的に実施しています。琵琶湖博物館での展示会には約26,500人の来場者があり、地域住民に生物多様性について興味をもってもらうきっかけになっています。
こうしたBBNの活動が社会からも評価され、国連生物多様性の10年日本委員会が主催する「生物アクション大賞2019審査委員賞」を受賞しました。また、多賀工場としても「しが生物多様性取組認証制度」において、最高位の3つ星の認証を取得しました。トンボの生息環境は劣化が進行している状況ではありますが、今後もトンボを通じて生物多様性の保全に貢献し、持続可能性な社会の実現に向け貢献していきたいと考えています。

  • ※参画企業:
    旭化成(株)、旭化成住工(株)、オムロン(株)、積水樹脂(株)、ダイハツ工業(株)、(株)ダイフク、ヤンマー(株)
    (五十音順)
  • 3-101
  • 3-102
  • 3-103
    • トンボ調査の様子
    • ハッチョウトンボ
      (滋賀県その他重要種)
    • 工場敷地内のコンテナビオトープ

住宅事業における生物多様性の推進自然環境と生態系保全に配慮したまちづくり

セキスイハイムグループは、分譲住宅事業において、まちの資産価値を維持・向上させることで、サステナブル・タウンのスキーム創成に取り組んでいます。
東京セキスイハイム(株)が2019年春に分譲を開始した「スマートハイムシティ朝霞」では、開発地域の約25%を緑地等※1とし、周辺の自然環境と生態系保全に配慮したまちづくりを行いました。まちのランドマークとなる「ネイバーズサークル ※2 」には、芝生広場のある公園を設け、そこから分譲街区へとつながる道路は、緑豊かな歩行者・自転車専用道路として開発されます。また、健康遊具のある公園と黒目川沿いの遊歩道で構成された「フィットネスパーク」は、自然に親しみながら身体を動かせる健康エリアとなっています。こうした統一感・連続感のある緑化方針が評価され、「スマートハイムシティ朝霞」は、2018年度の「いきもの共生事業所認証(ABINC認証)※3」を取得しました。

  • ※1
    ABINC申請敷地に対する緑地等の割合を示した「緑被率」を指します。
  • ※2
    ネイバーズサークルはネイバーズストア、保育施設、クラブハウスと宮台公園(朝霞市による管理)を内包した広場の名称です。
  • ※3
    一般社団法人いきもの共生事業推進協議会が、自然と人との共生を企業に促すため生物多様性保全の取り組み成果を認証する制度。
  • 3-098
  • 3-095
  • 3-096
    • ネイバーズサークル完成予想図
    • フィットネス公園
  • 3-097

スマートハイムシティ朝霞全体区画図

地域社会と連携した保全活動国内生産事業所や住宅販社で取り組みを展開

国内の生産事業所や研究所では、地域社会と協働して地元の自然環境を保全する取り組みを推進しています。里山保全活動や環境学習など、NPOや小学校、地方自治体と連携した自主的な活動を2019年度は27事業所で実施しました(活動実施率57%)。
また、積水化学グループの主要な住宅販社7社において、2013年度より森林・里山の保全活動に取り組んでいます。森林のもつ多面的機能やその重要性を学ぶとともに、協働を通じて地域社会とのコミュニケーションの向上につなげています。2019年度は7販社すべてで活動を実施しました。
なお、活動事例は、課題解決に資する活動をご覧ください。

  • ※住宅販社7社:
    北海道セキスイハイムグループ、セキスイハイム東北グループ、東京セキスイハイムグループ、セキスイハイム中部グループ、セキスイハイム近畿グループ、セキスイハイム中四国グループ、セキスイハイム九州グループ
  • 3-099
  • 3-100
    • 大学生との協働/琵琶湖周辺の清掃活動
      (積水多賀化工)
    • NPOとの協働/里山保全活動
      (セキスイハイム近畿グループ)

排水のWET過去の調査で影響が確認された事業所の原因調査

積水化学グループでは、生産事業所の排水管理の方法として法令等で定められた排水基準や、より厳しい自主管理値を設定し、その遵守に努めてきました。排水先の水生生物にとって安全な水環境を確保し、排水による悪影響を未然に防止することを目的に、2013 年度よりWETによる排水の評価と排水放流先の河川における水生生物の生息状況の調査を実施してきました。
これまでの調査で、積水化学グループの生産事業所から公共用水域に排出される水の96%の確認が完了しています。これまで過去の調査で生物への影響が見られた事業所において原因物質の排出量を削減する方法について検討を継続してきましたが、2019年度に生産品目を変更したことにより原因物質を削減することもできました。水質汚濁防止法および条例で定められた排水基準を満足していることを継続的にモニタリングしています。

  • 3-080
  • 3-081
  • 河川の生物調査の様子

  • WET評価に用いる生物の例
    魚類(ゼブラフィッシュ)

外部との協働ステークスホルダーとの対話および連携

生物多様性の保全を目指して行動する企業団体

当社は2013年に「一般社団法人 企業と生物多様性イニシアチブ(JBIB: Japan Business Initiative for Biodiversity)」の会員となり、国内外の生物多様性の保全に貢献するために、多様な企業と共同で生物多様性に関する研究を進めるなど、さまざまな活動を推進しています。

事業緑地の環境保全活動

生産事業所・研究所の生態系の調査、生物多様性の保全、外来種の駆除など環境保全活動や地域の環境づくりについて、外部の環境コンサルティング会社のサポートを受けています。

社会貢献活動

環境貢献に取り組む「人づくり」として、国内外の各拠点において、自治体、学術機関、学校、NPO、NGO などと協力して、世界各国で自然環境の保全活動を展開しています。

パフォーマンス・データ

土地利用通信簿®の結果

2017年度 2018年度 2019年度
土地利用通信簿® 2.6ポイントアップ 4.3ポイントアップ 5.3ポイントアップ
指標 算定方法
土地利用通信簿®のポイント 土地利用通信簿®とは企業保有地の生物多様性貢献度評価を目的にした、いきもの共生事業所®推進ツールで、事業所ごとに 緑地の面積や質、管理体制などについて100点満点で評価するシート。
事業所ごとに土地利用通信簿®を用いて当該年度評価を行い、2016年度時点でのポイント数からの増加分を計算。ポイント増加分の全事業所平均値を指標とする

SEKISUI環境ウィークへの参加率

2017年度 2018年度 2019年度
SEKISUI環境ウィークへの参加率 84.9% 88.1% 89.7%
指標 算定方法
SEKISUI環境ウィークへの参加者数割合 SEKISUI環境ウイークの参加者数の合計/対象事業所の従業員数の合計×100