HOME > 新着情報 > 2018年 > 米国の合わせガラス用中間膜製膜工場で自家消費用太陽光発電設備を導入

米国の合わせガラス用中間膜製膜工場で自家消費用太陽光発電設備を導入

印刷用ページ 2018年8月29日

積水化学工業株式会社

  積水化学工業株式会社(代表取締役社長:髙下 貞二、以下「積水化学」)の連結子会社で、合わせガラス用中間膜の製造・販売を行うSEKISUI S-LEC AMERICA , LLC.(本社・工場所在地:米国ケンタッキー州ウィンチェスター市、以下「SSA」)はこの度、1.5億円を投じて、SSA本社・工場に発電出力814kWの太陽光発電設備を導入しました。この太陽光発電設備により、1,044MWh/年の発電が期待されますが、SSAではこの発電電力を本社・工場での自家消費に利用します。この電力量はSSAの年間使用電力量の約1割にあたります。また、これにより579t-CO2/年のGHG排出量の削減を見込んでいます。積水化学グループでは、これまで、日本国内で8,222kWの太陽光発電設備をグループ会社の施設で導入していますが、すべて売電にあてており、自家消費を目的とした大規模の太陽光発電設備の導入はグループで初となります。


  積水化学グループは、環境中期計画「SEKISUI環境サステナブルプランAccelerate」(2017年度~2019年度)*1において、2013年度比6%のGHG排出量削減(2013年度実績94.2万t-CO2)することを目標に掲げています。この目標達成のため、120億円の環境貢献投資枠を設定し、GHG排出量削減に効果のある設備の導入・更新を推進しています。今回のSSAにおける太陽光発電設備はこの枠組みを活用したものです。グループ全体では、現在までに2.7万t-CO2/年の削減にめどをつけています。また、積水化学グループは、2030年度までの長期GHG排出量削減目標を設定していますが、同目標は、今年6月にSBTイニシアチブによる化学業界初となる認証を取得しています*2


*1

2018年6月20日「積水化学の環境中期計画進捗について」プレスリリースご参照。

*2

2018年6月20日「温室効果ガス削減目標に関して『SBTイニシアチブ』での認証取得(化学業界として世界初)」プレスリリースご参照。


SSAの本社・工場屋根や敷地に太陽光発電設備を設置

SSAの本社・工場屋根や敷地に太陽光発電設備を設置

 

新着情報一覧へ戻る

ページトップへ