製品開発ストーリー

テープ事業の出発点
セロハンテープ

開発のヒントは米国の雑誌記事

戦後、進駐軍によって持ち込まれた封筒に貼り付けてあるセロハンテープに注目していた積水化学は、1948年からその製造方法を研究していた。そんな時に見つけたのが、粘着テープの考案者3M社のR・G・ドルー氏の苦心談が紹介された米国の雑誌「リーダーズ・ダイジェスト」の“貼りつけ男”という記事。これによってテープの粘着技術についての着想を得た積水化学は、当時ポバール皮膜の製造にともなって、原料である酢酸ビニール樹脂重合を行っていた大阪工場で、酢酸ビニール樹脂の粘着性を利用したテープ技術の研究、試作を開始した。

物資不足の時代にセロハンテープが補修に役立った

セキスイセロハンテープ誕生

大阪工場ではドルー氏のアイデアをもとに酢酸ビニール樹脂にいろいろな樹脂を混ぜ合わせる実験を根気よく繰り返した。しかし、酢酸ビニール樹脂は温度に敏感で、夏は軟らかくて良いが、冬には固くなって粘着性が失われる 年間を通して使われるテープには適さないことが分かった。大阪工場の開発陣は「チューインガム用の樹脂」に疑問を持ちはじめ、ドルー氏の記事の英語版の原本を読み返してみた。すると本文中の「gum chicle」を、日本語版で「チューインガム用の樹脂」と訳しているが、それは誤訳であると気付いたのだった。ガムチクルとは、メキシコなど中南米に生育する、サボティラという樹木から取れる樹液を固めた天然の樹脂のことである。こうして、実用に耐えるセロハンテープは酢酸ビニールではなく、天然ゴム系の粘着剤の配合によって作らなければならないということが分かったのだった。このように苦心惨憺しながらも、しだいに技術を改良していったが、この時培ったフィルムの押出成形技術と粘接着技術は、後の高機能プラスチックス事業に大きく寄与することになる。 そしてついに1950年4月の「プラスチック展覧会」にセロハンテープ試作品を展示するまでにこぎつけ、大きな反響を得る。これは、壊れたものや破れたものをなんとか補修して使いたいという、この時代のニーズにマッチしていたからであろう。積水化学のセロハンテープは、その後順調に需要を伸ばし、便利な接着用具として家庭やオフィスの常備品となった。

テープカッター付きのセキスイセロハンテープ

テープ新製品への展開

セロハンテープで出発したテープ事業は、その後、徹底したコストダウンによって競争力を強化し、技術改良を加えた新製品のラインもさらに拡充していった。包装用テープとして、クラフトテープ、布テープ、ビニロンクロステープなどの多彩な製品を発売し、また工業用テープとしては、電気絶縁・防食材料のテープを始め、テープ基材の特性に感圧性粘着剤の特性を組み合わせ、工業用両面テープ、プロテクトテープ、医療用テープなどを開発、新しい機能を持つ製品を世に送り出している。

多彩なテープの製品群(主に包装用)

HISTORY
1948年 セロハンテープ試作開始
1949年 酢酸ビニールの重合実験開始
1949年 3M社、R・G・ドルー氏の「貼りつけ男」の記事発見
1949年 セロハンテープの製造実験開始
1950年 セロハンテープ試作品完成
1950年 プラスチック展覧会でセロハンテープの試作品発表
1950年 スプライシングテープ開発試作
1955年 セキスイバンが厚生省公定書外医薬品として製造許可取得

他のストーリーをみる