製品開発ストーリー

軽量で高耐久な塩化ビニル管
エスロンパイプ

日用品から管材事業へ

1951年、奈良工場に当時最先端の押出し機であるウィンザー社製『RC65』が軟質塩ビシート製造用として導入された。技術指導に訪れたウィンザー社の英国人技師E・G・フィッシャー氏は、「この押出し機があれば、硬質塩ビパイプもつくることができる」と持参したパイプを鞄から取り出して見せた。それまでの当社の主力製品といえば、ボタン、櫛、ハンドバッグ、ベルト、ボールペンの軸、化粧品や薬品のキャップなど日用品小物が中心。戦時下のドイツで開発され、化学工場のプラント配管や上下水道に使われているという硬質塩化ビニルパイプは、米国の雑誌「モダン・プラスチック」やウィンザー社のカタログで目にしたことがある程度だった。「これは積水の事業の柱になり得る!」現物を目にした技術陣は皆そう思った。その後、樹脂の配合や押出し機の改良など、量産に向けた研究に着手。試行錯誤を繰り返しながらも試験製造にとりかかった。

日本初の塩ビ管量産に成功した京都工場

エスロンパイプ誕生

1952年10月、奈良から京都新工場(現京都研究所)に移設された製造ラインで、日本初となる塩化ビニルパイプの量産が始動。当時の工場長により「エスロンパイプ」と名付けられた。 しかし、ここからが本当の試練であった。当時の日本に塩ビ管の需要はほとんどなく、技術営業はサンプルと、当時としては画期的であったPR映画『時代の花形―エスロンパイプ』を抱えて全国の化学工場や水道局を駆け廻った。市場が大きく動き出すきっかけとなったのは都市水道局からの公認であった。1953年の広島市水道局を皮切りに、東京都水道局からも給水管としての指定承認を受けると、需要が一気に加速。工業用、農業用と幅広く採用され積水化学の主力製品となっていく。

エスロンパイプ初荷の様子

暮らしと社会の基盤を支える

高度経済成長に伴って、塩ビ管事業はインフラ整備のための公共関連需要に本格的に取り組み、世界一の最大口径パイプ(当時)や、きめ細かいニーズに応える特殊管の製造に力を注いだ。鋼管の内側に塩ビ管をライニングした「エスロンLP(1957年発売)」、原料の塩ビ樹脂に改質材を添加して耐衝撃度を高めた「エスロンHIパイプ(1964年~)」、高温時の機械的強度を著しく高めた「エスロンHTパイプ(1965年~)」などの、使用する分野に応じて、特定の機能を追及した新製品が数多く開発された。また、これらの特殊パイプの配管を確実にするために、それぞれの用途にあった継手も開発された。新しい需要の積極的な開拓と新製品の開発により、積水化学は塩ビ管事業トップメーカーの地位を不動のものとしていった。
今日に至るまで、エスロンパイプは、高度情報化社会に備える「電力・通信・電設分野」、安心・安全で災害に強いインフラ環境を提供する「上下水道分野」「ガス分野」、独自の新素材を多用途に展開する「プラント資材分野」、快適な暮らしを実現する「住宅・建築分野」などで活躍し、暮らしと社会の基盤を支えている。

直径700ミリ、世界一の大口径パイプ(当時)

HISTORY
1936年 戦時下のドイツで硬質塩化ビニル管が開発される
1947年 積水産業(化学製品の製造・加工・販売会社)を設立
京都化学研究所(プラスチックの研究開発を行う)を開設
1948年 積水化学に社名改称。奈良工場で国内初のプラスチック自動射出成形事業を開始
1951年 来日したウインザー社技師長、E・G・フィッシャー氏が硬質塩ビ管サンプルを持参
1952年 京都新工場(現京都研究所)で塩ビ管の量産がスタート
1953年 水道用で広島市水道局の指定承認を取得(伊勢崎市、松山市、奈良市も)
1954年 東京都水道局が指定承認。勃興期を迎える

他のストーリーをみる