HOME > CSR経営  > 人材での際立ち

人材での際立ち

一人ひとりの際立ちと自己実現を積極的に支援し、人が活きる環境をつくります

私たちの想い

次世代事業を創出し、100年経っても存在感のある企業を目指す上では、従業員全員が「得意技を持つプロフェッショナル人材」になることが必要です。自らのキャリアの積み重ね、そして働きたい場所を自分自身で決めるためには、自己責任に基づく「選択」が重要と考えており、「得意技を持つ」という言葉には、従業員一人ひとりに「自分の仕事の軸になるものは何か」を理解したうえで、自分が選んだキャリアを歩んでほしいという想いがあります。この人材に対する基本的な考えをグループ全体で共有し、多様な人材が活躍できる、働きがいのある職場づくりを推進しています。

人材での際立ち

積水化学グループ「人材・人権方針」はこちら

ページトップへ