HOME > 区画貫通 > ケーブル区画貫通措置部材 ケーブルラック・バスダクト貫通用プロセレクト
 
ケーブル区画貫通措置部材 ケーブルラック貫通用プロセレクト
 

特長

軽量ボードと柔軟パテを用いた、電動工具不要の簡単・確実な施工を実現します。

強化せっこうボード2枚張りの壁にも使えます。
PF管・CD管に特別な処理が不要です。
高圧ケーブル(6600V)に対応しています。
 

ケーブル区画貫通措置部材 コンセントボックスSW用

 

 

 

適用範囲
 
品番 品名 サイズ・入り数
PCJM004 プロセレクトボード 9枚(50x600x1200mm)/ケース
NCJM003 プロセレクトパテ 10kg/ケース
NCJM004 プロセレクトパテ 1キロ 10袋(1kg入り)/ケース
HCJM003
プロセレクト支持金具 100個/ケース

※ その他使用材料
シリコーン系または変形シリコーン系シーリング材( JIS A 5758) 推奨商品:積水フーラー社製

 

標準施工図

 

img3.gif

■ケーブルラックを2段設置している場合

市販の支持鋼材(幅25mm以上、高さ19mm以上、厚さ0.5mm以上)をご用意いただき、ケーブルラック間に設置したプロセレクト支持金具に橋渡ししてください。

img4.gif

img5.gif

 

適用範囲
●適用場所、国土交通大臣認定番号
適用場所 種 類 厚 さ 国土交通大臣認定番号

中空壁・ALC・RC

100mm以上

PS060WL-0514

pdf

片壁

42mm以上

PS060WL-0530

pdf

RC(鋼製スリープ有・無)

100mm以上

PS060FL-0513

pdf

 
●用途/ケーブルラック、ケーブル、電線管
開口面積 0.6m2以下
占積率 20.8%以下
ケーブル 導体断面積 325mm2以下
鋼製電線管 最大呼び径 C75・E75・G70
PF管・CD管
最大呼び径 PF管36・CD管42
 
測定データ
試験項目 試験規格 測定条件・結果
遮音性 JIS A 1416 音響透過損失(dB)
(100~5000Hz)
耐風性 JIS A 1515 9000Paまで異常なし
気密性 JIS A 1516 通気量(20~200Pa)

※ 試験場所:(一財)建材試験センター

 
 ケーブル区画貫通措置部材 ケーブルラック・バスダクト貫通用プロセレクト 施工手順

 ケーブル区画貫通措置部材 プロセレクトキット

 ケーブル区画貫通措置部材 ケーブルラック・バスダクト貫通用プロセレクト(バスダクト)