事業紹介

工法・取扱商品

土木資材

■クラック抑制シート工法(アスパワーシート)

  • クラック抑制シート工法とは切削オーバーレイ等の舗装補修工事において切削面のひびわれが表層面に影響を及ぼすことを抑制する工法です。
  • クラック抑制シートに求められる性能とは高い引張強度と接着力です。当社の取扱製品であるアスパワーシートは国内で最高の強度を有するクラック抑制シートであり、アスファルト合材の熱によりシート両面のアスファルト層が溶融することで密着します。 高い引張強度と接着力を兼ね備えたアスパワーシートを使用することで高いクラック抑制効果が期待できます。
クラック抑制シート工法(アスパワーシート) クラック抑制シート工法(アスパワーシート)

■ポリコン内蓋用タキゲン鍵

  • 栗本鉄工所とタキゲン製作所、当社の共同開発で製作された施錠忘れ防止機能つきの特殊シリンダーです。従来のシリンダー機能にインジケーターを取り入れたことにより、施錠状態でなければロックできない構造のため、施工時に本体鍵のかけ忘れが100%の確立で発生しません。
  • 特注品のため製品納期は1ヶ月程度必要です。


■ポリコン内蓋

  • ポリコン内蓋は情報BOXや電線共同溝などの出入り制限のために開発された内蓋式セキュリティー対策用特殊鍵付き蓋です。製品は表裏のFRPでレジンモルタルを挟み込み、圧縮加工されたFRPM板を利用しているため強度・弾性に優れ、加工などがし易いのが特徴です。
  • 内蓋にはステンレス製・高機能コンクリート製などの製品がありますが、このポリコン内蓋は施工性において高い評価をいただいています。受枠を2分割型とし、ネジ固定式アンカーを取り入れた事で迅速な施工が可能です。(他製品はケミカルアンカー利用)
  • 固定式専用作業台を取り入れた工法のためマンホール内部に入らず施工が可能です。二次的被害(施工時に道具などの落下による内部の破損や工事時の削孔片落下)などを防止できます。
  • 国土交通省のNETIS(新技術情報提供システム)に登録されており、これまで多数の施工実績を誇ります。また、軽量で傷が付きにくいので、現場への移送なども容易に行えます。
ポリコン内蓋 ポリコン内蓋

■舗装補修材

  • 舗装補修材とは道路や駐車場のアスファルト路面に発生したポットホールや舗装のはがれ、段差、ひびわれを補修するための補修材です
  • 弊社が取扱いをしている「エースパッチ」は全天候型の常温合材であり、雨の中または-25℃の激しい天候条件下においても使用することができます
  • 補修前の粘性コートや接着剤などの下準備が不要で、補修後すぐに開放することができます
舗装補修材

■Hブロック

  • 基礎一体型により施工工程の省略化を実現!
    また、水抜き孔を設けることにより、舗装表面の滞留水を解消します。

  

Hブロック Hブロック
pdf:パーキングブロックカタログ

■土木シート

  • 土木シートとは繊維のもつ強度、耐久性を生かした一般土木および港湾土木用ジオテキスタイルです
  • シートの種類によって強度特性や透水性能が異なり、使用される現場条件によって適切なシートを選定する必要があります
  • 主に道路、造成、港湾、河川などの各種土木工事において幅広く使われています
土木シート

■かご枠

  • かご枠とは土留め擁壁や護岸工、谷止工など広範囲な用途に使用できる工法です
  • 溶接金網の枠内に現地土砂や栗石を充填して段積みすることにより、法面の安定や護岸に効果を発揮します
  • 枠面に植生シートを使用することで計画的緑化を図ることができます
かご枠

■スーパーかせんカゴ

  • スーパーかせんカゴは再生高強力ポリエステル繊維(ペットボトル再生繊維)などを芯材とし、高密度ポリエチレンにて被覆、耐候性に優れた線材で網状に製作されています。そのため、従来の護岸・護床工にて広く使用されているめっき鉄線と比較すると耐海水性耐酸に優れており、錆びない・腐らない・軽い・環境に優しいということから、多自然型護岸工法に適応した護岸材です。
  • 軽量のため運搬が容易で、部材搬入が困難である現場に適しています。
  • 比較的海に近い場所などの護岸には、防錆性に欠けるめっき鉄線では塩害による腐食が懸念されるため、スーパーかせんカゴを採用されるケースが増えています。
スーパーかせんカゴ スーパーかせんカゴ

■ガードン(鋼製組立網)

  • ガードン(鋼製組立網)は従来のじゃかごやふとんかごでは難しかった整形や、かご同士の連結、耐久性等の問題点を改良し、より高強度で適応性が高く、かつ多用途な構造物を築造できるようにした鋼製大型かご枠です。
  • 地盤沈下、基礎洗掘、地すべりなど、地盤条件の悪い場合にも広く適用されています。特に山間部の奥地や、急傾斜地で大型重機の搬入が困難な現場での施工に多く採用されています。
  • 補強土壁との併用など他工法との組み合わせも可能です。地下水位が高く、湧水の多い現場などには水位上昇を抑え、湧水の円滑な排水確保が可能であることからガードンとの併用が効果的です。
ガードン(鋼製組立網) ガードン(鋼製組立網)