住宅カンパニーの取り組み

製品・サービスを通じた社会課題の解決災害に強く、災害後も不自由なく暮らせる住まいづくり

近年頻発する自然災害では、災害そのものはもちろん、大災害後の生活継続が大きな社会課題となっています。

セキスイハイムは、自然災害に強いだけではなく、災害後に不自由なく生活を継続できる住まいをご提案しています。

社会的背景

今後30年以内にM7以上の地震が起こる確率

国の地震調査委員会は、大規模な災害につながるマグニチュード7級の大地震が日本で起こる確率は、今後30年間で70%以上と予測しています。

I N T E R V I E W

この国の住宅選びに災害対策は必須

この国の住宅選びに災害対策は必須

住宅選びをするとき、地震など自然災害に対する強さは、多くのお客様が気にされる重要なポイントです。特に、大きな地震を体験された方ほど地震そのものに対する強さに加え、災害後の生活を気にされ、地震に強いことは最低条件で、むしろ災害後にも安心して暮らせることを基準に選びたいとおっしゃいます。もちろん、家自体の強度にもこだわっています。

工場生産ならではの高い施工精度

セキスイハイムが地震等の災害に強い最大の理由は、家づくりの大半を工場生産することです。工場で造りこむことで災害に強くなる理由はたくさんあります。現場では不可能な精度の施工が可能で、強度の高い構造体になるとことが一つ。現場では大工さんの腕や部材、天気などで強さや質が変わりますが、セキスイハイムは、人や天候に左右されず、すべての家で同じ品質を実現でき、それが構造の強さに繋がっています。

災害後の安心もお伝えしていきたい

住まいとしての強さには自信がありますから、これからの課題は「V to H※」付のスマートハイムでご提案しているような、災害後の暮らしの安心とメリットをお客様に分かりやすくお伝えすることだと考えています。誰が説明してもわかりやすい方法を模索し、より多くのお客様に安心の暮らしをお選びいただけるようにしていきたいと思います。

 

万が一、大災害に見舞われても普段通りの生活が継続できる家

万が一、大災害に見舞われても普段通りの生活が継続できる家

私は、電気自動車に溜めた電気を住宅の電源とする 「V to H※」の開発を担当しています。このシステムは以前からあったのですが、製品として完全ではなく、停電時に自家発電した電気を電気自動車に充電することができませんでした。私たちが開発したのは、スマートハイムの太陽光パネルで発電した電気を自動車に充電できる画期的なもので、大規模災害で停電した時でも、ある程度普段通りの生活が可能になり、しかもその状態を継続させることができます。

 

私の夢は「V to H」付のスマートハイム『V to Heim』を全国に普及させることです。大きな災害が続き、さらに巨大な震災の可能性が指摘されている昨今、「V to H」が社会に有用であり、お客様満足度の高い付加価値であると信じていますので、あらゆる地域に普及させていくことで社会に貢献したいと思っています。

 

※V to H:Vehicle to Home(ビークルトゥホーム)電気自動車に溜めた電気を住宅に送り生活に活用するシステム。

 

工場生産ならではの施工精度と厳しい検査体制で災害に強い家を実現

工場生産ならではの施工精度と厳しい検査体制で災害に強い家を実現

セキスイハイムは、「粘り抵抗型」と「強度抵抗型」という2つの耐震性を兼ね備えたハイブリット構造により、耐震性能に優れた住宅です。そこで工場としての役割は、決められた仕様のものを設計基準通りにユニット組立し、取付けを行ってお客様にご提供することです。

 

こうした高い耐震性は工場生産ならではのものです。例えば、住まいに使われる部材をすべてコンピュータで一括管理し使用ミスや無駄のない施工を実現したり、精度と強度を確保するために、大型の設備で溶接をおこなうなど工場生産でないと実現できない品質作りを可能としています。 また、専任の検査員を配置し、プランチェックや精度検査、機能検査、外観検査等、細かく厳しい検査を行っています。このような建築現場ではできない品質管理、精度、検査体制がセキスイハイムの災害に対する強さにつながっています。

 

 

ページトップへ