HOME > CSR経営 > SPECIAL ISSUE製品・サービスを通じた社会課題の解決  > 高機能プラスチックスカンパニーの取り組み

高機能プラスチックスカンパニーの取り組み

製品・サービスを通じた社会課題の解決人々の健康を支える臨床検査薬

高齢者の割合が増え続けている日本では、年齢を重ねても健康であることの重要性が指摘され、予防医療への関心が高まっています。積水化学グループは、健康診断等でも使われる臨床検査薬や分析装置の提供を通じ、健康的な社会生活に貢献しています。

社会的背景

平均寿命と健康寿命の差

平均寿命と健康寿命との差は、人生における「不健康な期間」を意味し、男女ともに老後のおよそ10年間を日常生活に制限のある状態で過ごす人が多いのが現状です。[出典]厚生科学審議会「健康日本21(第二次)の推進に関する参考資料」

I N T E R V I E W

病気の早期発見を担う臨床検査薬

病気の早期発見を担う臨床検査薬

例えば、肝臓がんを患うと我々がマーカーと呼ぶ特定のたんぱく質が体内に発生します。我々は、このマーカーを検出する検査薬を研究しています。検査薬によって初期段階の病気を発見し、患者さんがより良い治療を受けるチャンスを増やすことが使命です。

エーディアは、オリジナル抗体を用いた臨床検査薬を開発しており、他社製の分析装置でも使用可能な試薬づくりを特徴としています。さまざまな検査薬メーカーと連携することで、多くの病院に対して検査薬を供給できる強みを持っています。

医療現場との信頼関係を重視した研究開発

当社は、特に肝臓医療の専門家と学会や研究会などを通じて信頼関係を築き、協力して検査薬の臨床的有用性の評価などを行ってきました。医療現場との密な協力体制が、有用性の裏付けられたオリジナル抗体や高感度の測定法の開発に繋がっています。また、こうした優れた抗体と測定法を組み合わせることで、極めて微量のマーカーでも検出できる検査薬の開発が可能となりました。

早期発見で予防医療に貢献

超高齢社会に突入した日本では、予防医療への関心の高まりとともに、病気の可能性をより早く見つけることが求められています。私は、日々の仕事である研究開発を通じて、さらに使い勝手の良い検査薬を世に送り出し、病気と闘う人々の苦痛を多少なりとも和らげたいと考えています。

 

さらなる検査の迅速化を実現し現場ニーズに応える製品を提供

さらなる検査の迅速化を実現し現場ニーズに応える製品を提供

積水メディカルは、血液の凝固や糖尿病、脂質など生活習慣に起因する病気に強く、血糖値やコレステロールを測る検査薬等を販売しています。これらの数値の高さは体が不調であるというサインで、検査結果が運動の推奨や生活改善など保健指導の判断材料になります。

 

高齢化社会の進行で患者数が増え続けている医療現場では、検査結果を素早く提供し、診察の効率化を図ることが課題となっています。検査薬や分析装置にも迅速さが強く求められており、このTAT(ターン・アラウンド・タイム)をいかに短くできるかが、私たちに課せられたミッションです。

 

例えば、従来は採血の検査結果が出る目安は約1時間でした。そこで、当社は予め血を固める薬剤を入れた採血管を独自に開発し、検査機器にかけるまでの時間短縮を実現するなど、現場ニーズに応える製品の提供に努めています。

 

 

検査薬の普及を進めることで患者の集中という課題解決に貢献

検査薬の普及を進めることで患者の集中という課題解決に貢献

中国では、生活の向上とともに健康への関心が高まり、検査薬の市場も大きく伸びています。一方で、関心が高まったが故に患者が総合病院に集中してしまうという問題も生まれています。ほとんどの人が技術や設備の整った総合病院に行きたがるため、朝早く病院に行っても診察まで何時間も待たなければなりません。

 

私たち積水医療科技は、総合病院だけでなく、地域の中規模病院にも検査薬や分析装置を普及させることが問題解決のひとつの方法だと考えています。

 

私は、河東エリア6省の営業マネージャー兼マーケティング部長として、学会や展示会を積極的に開催して病院関係者とのコミュニケーション機会を増やし、スタッフが会社で学んだ知識や経験を通じて、医療現場の課題解決に貢献できるようリーダーシップを発揮していきたいと思います。


 

ページトップへ