Heart+Action

地域社会とともに生きる企業として積極的なコミュニケーションを図っています

主な取り組み

積水化学グループの取り組みHeart+Action

積水化学グループでは、従業員一人ひとりが参加しやすい社会貢献活動として「TABLE FOR TWO」や「BOOK MAGIC」を実施してきました。
2012年度より参加しやすい活動をさらに拡充し、新たな取り組みとして開発途上国の子どもたちや小児がんの子どもたちなどのための国際協力活動「Heart+Action(ハートプラスアクション)」を推進しています。1時間程度でも参加できるさまざまなプログラムを用意しており、「気軽に参加できる」「簡単なことで社会の役に立てて嬉しい」との声が寄せられています。

各プログラムの概要

「Send a Picture Book」

日本語の絵本に、子ども向けの図書がほとんど出版されていない国や地域の言語の翻訳シールを貼り、特定非営利活動法人「ESAアジア教育支援の会」を通じて届ける国際協力活動

翻訳シール貼りの様子

「Sort the Coins」

国際空港に設置してある募金箱に寄せられた外貨コインを主要国別に分類し、認定NPO法人「日本ハビタット協会」を通じて開発途上国の生活改善や東日本大震災の復興などに役立ててもらう活動

各国のコイン仕分け作業をする様子

「Send the Sounds」

日本国内の間伐材を利用して制作したアフリカの楽器カリンバ(通称:親指ピアノ)を、特定非営利活動法人「森のライフスタイル研究所」を通じて、小児がんの子どもたちに届ける活動

SEKISUIのロゴマークが刻印されているカリンバを作成

「Send a Textbook」

ベンガル数字で教材を手作りし、特定非営利活動法人「ESAアジア教育支援の会」を通じて、バングラディッシュの子どもたちに届ける国際協力活動

一つひとつ手作りしたベンガル数字の教材