HOME > CSR経営 > 社会貢献活動 > 次世代  > 自然に学ぶものづくり研究助成プログラム

次世代

事業の特性を活かしたプログラムで、次世代育成に取り組んでいます

自然に学ぶものづくり研究助成プログラム

  積水化学グループでは、自然に学んだサイエンスの知見や自然の機能をものづくりに活用する研究を支援するために、「積水化学 自然に学ぶものづくり研究助成プログラム」を、創立55周年記念事業の一環として、2002年度より毎年実施しています。
  2017年度は、応募総数294件の中から、「ものづくり」テーマ7件と「基盤研究」テーマ7件の合計14件の研究に助成を行います。



 

「自然に学ものづくり研究助成プログラム」の助成対象テーマに関する研究成果が、英国・科学誌「Nature Communications」の
オンライン速報版で公開されました。(所属・役職は受賞当時)

2014年度助成テーマ

遠藤 政幸氏(京都大学 准教授)
「細胞の受容体に学ぶ人工シグナル伝達システムの構築」

京都大学プレスリリース

Nature Communications掲載記事(2015年8月27日公開)

2013年度助成テーマ

関 修平氏(大阪大学 教授)
「1000を超える超高アスペクト1次元ナノ構造の形成と力学機能-世界で一番細い蜘蛛の糸の形成と制御-」

大阪大学プレスリリース

自然に学ぶ研究事例「粒子線に学ぶナノ構造体の創製」

Nature Communications掲載記事(2014年4月28日公開)

 

2017年度 助成テーマ

ものづくりテーマ
氏名 所属機関 役職
(所属・役職等は助成受賞当時)
助成研究テーマ

 矢吹 彰広

 広島大学大学院工学研究科
 教授
作物の地下貯蔵器官に学ぶ自己修復性防食コーティングの開発

 新藤 充

 九州大学先導物質化学研究所
 教授
植物に学ぶ重力屈性阻害に基づく蔓性雑草防御剤の開発

 細井 厚志

 早稲田大学理工学術院
 基幹理工学部 准教授
3Dナノ構造を有するアルミニウム合金と熱可塑性炭素繊維強化複合材料の直接接合技術の開発

 三浦 詩乃

 横浜国立大学
 都市イノベーション研究院 助教
生物相分布の多様性と共生に学ぶ人間中心の公共空間デザイン

 山子 茂

 京都大学化学研究所
 教授
酵素の機能発現原理に学ぶ多元制御ラジカル重合による高機能性高分子材料の創製

 長田 健介

 東京大学大学院工学系研究科
 准教授
ウイルスの構造・機能に学ぶ高分子ミセル型遺伝子キャリアの開発

Hemma・Philamore(ヘマ・フィラモ)

 京都大学工学研究科
 講師

自給自足型の超低消費電力“くらげ”型ロボット

基盤研究テーマ
氏名 所属機関 役職
(所属・役職等は助成受賞当時)
助成研究テーマ

 吉田 英一

 名古屋大学博物館資料分析系
 教授
球状コンクリーションに学ぶ透水性亀裂自己シーリング手法開発

 古賀 大尚

 大阪大学産業科学研究所
 特任助教

樹木のからだを利用したCO2変換リアクターの創出

 小西 啓治

 大阪府立大学大学院工学研究科
 教授

フィードバック制御によって安定化された興奮伝搬波のロバスト性

 倉林 大輔

 東京工業大学工学院
 教授

位相情報の局所通信を用いた超個体型自己組織化によるロボット集団の3次元制御

 田川 美穂

 名古屋大学
 未来材料・システム研究所 准教授

生体の巧妙なものづくりの仕組みを利用した新奇材料創製:DNAプログラマブル自己集合によるナノ粒子超格子構造の高品質コロイド結晶作製と構造制御

 田中 陽

理化学研究所生命システム研究センター ユニットリーダー

電気魚に学ぶバイオ燃料による新規発電システム

 束田 裕一

 九州大学稲盛フロンティアセンター
 教授

卵に学ぶ細胞初期化の秘密


2017年度 自然に学ぶものづくり研究助成プログラム授与対象者の皆さん

2017年度研究助成プログラム授与対象者の皆さん


 

過去の助成テーマ

過去の助成テーマは、下記プルダウンメニューより選択しご確認ください。

 

 

「自然に学ぶものづくりフォーラム」の開催

  積水化学グループは、100年経っても存在感を発揮し続ける持続可能な企業となるため、環境貢献製品の拡大・創出、環境負荷の低減、自然環境の保全を通じて、企業経営の基盤である自然資本へのリターンに貢献していくことを目指しています。

  「自然に学ぶものづくりフォーラム」は、自然に学んだ基礎サイエンスの知見や、自然の機能をものづくりに活用する研究を支援する「自然に学ぶものづくり研究助成プログラム」の成果発表と、関連する研究者や次の時代の研究を担う大学院研究生の方々等との研究交流を目的として、開催しています。
  2017年度の自然に学ぶものづくりフォーラムでは、自然に学んだものづくりの事例についての講演や、2016年度研究助成者などによるポスターセッションが行われました。

 

自然に学ぶものづくりフォーラム 2017

フォーラム会場


講演

東京大学名誉教授 渡辺順次氏


「自然に学ぶものづくり」の
魅力について


東京工業大学 名誉教授
渡辺 順次氏

 

 

㈱LIXIL 分析・評価室長 井須 紀文 氏

自然に学んだ環境に優しい
住宅材料の開発

株式会社LIXIL 分析・評価室長
井須 紀文氏

 

 

元JR西日本 技術開発室長 仲津 英治 氏

自然に学んだ環境に貢献した
500系新幹線の開発

元西日本旅客鉄道株式会社 技術開発室長

仲津 英治氏


ポスターセッションと研究交流

 

「自然に学ぶものづくり」の最先端に触れる貴重な機会

●助成研究テーマの紹介(2016年度研助成テーマ等)
●積水化学環境貢献製品・研究開発の紹介

 

2017年ポスターセッションと研究交流 

2017年ポスターセッションと研究交流



2017年ポスターセッションと研究交流

2017年ポスターセッションと研究交流

 

 

 



 

ページトップへ