HOME > CSR経営 > CS品質での際立ち  > 品質の向上

品質の向上

事故・不良、廃棄物、クレームの3つのゼロを追求しています

基本的な考え方品質を支えるのは現場でのモノづくり

積水化学グループは、品質を支えるのは現場でのモノづくりであると認識し、2006年度から生産活動の革新に注力しています。品質の不備は、クレームへの対応や廃棄物の増加といったロス・ムダ…つまりコストにつながるという考えのもと、「事故・不良ゼロ、廃棄物ゼロ、クレームゼロ」という「3つのゼロ」に取り組んでいます。

品質マネジメント事業特性に応じた体制を各部門で整備

製品の品質管理について、製造からお客様が使用されるまでのプロセス全般にわたる体制を整えています。各部門で品質保証体系を構築し、各工程で標準を重視した日常管理を推進しています。また、製品の開発や改良に際しては、品質保証・安全等の観点から審査しています。

品質マネジメント 事業特性に応じた体制を各部門で整備

品質保証体系の見直しを実施

2015年度にISO9001が全面改定されたことを受け、2016年度に入りカンパニーおよびグループ会社各社の品質保証体系(QMS)の見直しに着手しました。見直しポイントはQMSの簡素化でこれまで追加・更新で複雑になった仕組みをシンプルで分かりやすくまとめました。この新たな品質保証体系は、各事業場の違いを反映させた内容となる予定です。

品質に関する3つのガイドラインの制定開発から販売まで一貫したガイドラインによる品質管理

積水化学グループでは、開発~製造~販売というバリューチェーン全体で一貫した品質管理を行い、そのレベルの向上を図ること目的として『品質保証力強化のための開発ガイドライン』『日常管理の進め方に関するガイドライン』『契約・仕様書に関するガイドライン』という3つのガイドラインを制定・発行しています。

「開発ガイドライン」は、商品化後に起こりうる品質リスクを事前に予測することで、基盤品質に関わる問題の発生を未然に防ぐことをねらいとしています。「日常管理のガイドライン」は、開発の後工程となる製造部門が実行すべき日常の管理の基本的指針をまとめています。 「契約・仕様書に関するガイドライン」は、製品販売において、拡大補償※発生リスクを削減することを目的として、2015年度から追加しました。

ガイドライン

※製品に不具合があった場合に、当該製品の返品・交換だけではなく、顧客が加工・施工・使用した製品・施工物・対象物、
   および関係する損害についても補償が求められること。

設計・開発セミナー開発未然防止セミナーとDR※レビューア育成セミナーを開催

2013年度から、品質問題の未然防止をテーマに、効果的な未然防止手法を習得することを目的とした「開発未然防止セミナー」と、DRを行う者のスキルアップをねらいとした「DRレビューア育成セミナー」を開催しています。

2016年度は、「未然防止事例相談会」を住宅カンパニーの北海道およびつくば事業所の開発部門で開催しました。北海道では本州との違いである「寒さ」に着目することで心配点が明確になりました。また、高機能プラスチックスカンパニーの武蔵工場での開催時には、製品機能の変更点に着目して品質リスクを予測・抽出することが重要であることを再認識しました。これらのセミナーは、2017年度も継続して開催していきます。

※DR:Design Review(デザイン・レビュー)

)
開発未然防止セミナー DRレビューア育成セミナー

CS品質セミナー品質月間にCS品質セミナー:基盤品質編を開催

積水化学グループ全体の基盤品質向上を目的として、2011年度から毎年11月の品質月間の時期に合わせて、「CS品質セミナー:基盤品質編」を開催しています。

2016年度は、株式会社リコー様から品質本部RICOH Quality推進室の熊井秀俊氏をお招きし、「リコーのTQM推進〜これまでと将来のために〜」と題して、リコーにおけるTQMの行動指針として「仕事とは相手へのお役立ち」があり、「顧客満足」をゴールとした活動事例や人材育成に関する取り組みをご紹介いただきました。受講者からは、「身近な話題で共感でき参考になった」という声が多く寄せられました。

株式会社リコーの熊井秀俊氏による講演

モノづくり教育の浸透モノづくり教育体系の再構築

すべての職場にモノづくり教育の浸透を促し、ベテラン技術者のノウハウを若い世代に伝えるため、2013年度より製造部門管理者を対象とした階層別研修を再構築し、テクニカルスキル、ヒューマンスキル、コンセプチュアルスキルの3分野等16講座を開設しています。2016年度は、累計で受講者数が2,252人となりました。

QC検定QC検定の取得

品質知識レベルを測るために「QC検定」を有効に活用しており、取得者は2016年度末で4,100人を超えました。

※(一財)日本規格協会、(一財)日本科学技術連盟が実施し、(一社)日本品質管理学会が認定する検定。
※数値はQC検定1級から3級までの資格保有者の合計。

グローバル規模での「グループ改善活動」毎年1回、グループ改善活動の表彰・発表会を開催

「グループ改善活動※」は、各職場で従業員が少人数のグループをつくり、品質や生産性の改善、業務効率化等の各種課題や、方針管理に基づく各種テーマに取り組む活動で、50年以上の活動実績があります。生産会社を中心に国内外の多くの事業所が取り組んでおり、毎年1月に日本、アメリカ、中国、欧州、アジア・オセアニアの代表グループによる発表会を開催することで相互研鑚を図っています。

2017年1月に開催した第51回「積水化学グループ改善活動発表会」では、国内外の代表全19グループ(国内15、海外4)が発表し、この様子は事前に希望した事業所15か所にリアルタイムで配信されました。参加者からは、「発表の内容をより詳しく聞くことが出来た」、「他事業所、他カンパニーの人とも情報・意見交換ができた」といった意見が多く寄せられ、改善活動への理解を深める貴重な機会となりました。

※グループ改善活動:1966年に始まったQC(品質管理)サークル活動をルーツに、その後、小集団活動を経て現在に至る
   取り組み。

特別賞を受賞したSEKISUI S-LEC B.V.の「S-LEC Market Creators」グループの発表者 Maya Staryさん

賞名 事業所 グループ名
金賞 徳山積水工業(株) SBS
<審査コメント>
着実なスト-リ-展開がグル-プ改善活動の手本として、完成に近い事と原因を徹底追究する意欲が高く評価されました。
銀賞 積水医療科技(中国)有限公司 疾風迅雷(シップウジンライ)
滋賀栗東工場 栗『頓』調査団
セキスイハイム九州(株) 雨天納品プロジェクト

エネルギー削減活動の推進エネルギー削減を通じ、生産プロセスの品質を向上

積水化学グループは、品質面において「適正な価格で優れた品質の製品をつくる」という想い(ロスコストの削減)、そしてお客様の「グリーン調達基準」に貢献するという使命から、品質向上の一環として生産過程におけるエネルギー革新活動を進めています。
これは、消費エネルギーを現状との比較で削減するだけでなく、「エネルギーの使い方を本来あるべき姿(理想的な姿)へと正す」ことを目指す活動です。必要最小限の消費エネルギー量を追求し、設計段階で通常見込むエネルギーのロスにまで切り込んで個々の生産プロセスを見直しています。
2016年度は、国内各事業所の省エネ改善活動の成果としてエネルギー消費の約3.5%相当を削減しました。海外事業所においても国内同様、事業所ごとに自律的な省エネ活動を定着させることを目標に、その基準となるモデル事業所での省エネ活動を推進しています。

協力会社(サプライヤー)の品質管理サプライヤーと協業で品質向上の学習会を開催

住宅カンパニーでは、納入部材の品質向上を目的に、サプライヤーの方々とともに「なぜなぜ分析学習会」「ヒューマンエラー防止学習会」を実施しました。協力会社の製造現場における不具合の再発防止、未然防止等を目的として北海道、中部、近畿、中四国エリアで開催し、延べ37社、95名の方々にご参加いただきました。

学習会では、品質不具合の根本原因追究には「なぜなぜ分析」による深堀を行うことが有効なことを確認しました。また、ヒューマンエラー防止のためには作業手順のあいまいな所をきっちりルール化し、遵守することが大切ということを共有化しました。サプライヤーとともに成長しながら、高品質のものづくりを行うことが必要であることを再確認する機会となりました。

品質講習会の様子

ページトップへ